猪熊弦一郎について About Genichiro Inokuma

プロフィール

1902年香川県高松市生まれ。少年時代を香川県で過ごす。
1921年旧制丸亀中学校(現 香川県立丸亀高等学校)卒業。
1922年東京美術学校(現 東京藝術大学)に進学。藤島武二教室で学ぶ。
1926年帝国美術院第7回美術展覧会に初入選。以後、第10回、第14回で特選となるなど、1934年まで主に帝展を舞台に活躍する。
1936年志を同じくする伊勢正義、内田巖、小磯良平、佐藤敬、三田康、中西利雄、脇田和、鈴木誠と新制作派協会(現 新制作協会)を結成。以後、発表の舞台とする。
1938年フランスに遊学(1940年まで)。アンリ・マティスに学ぶ。
1948年『小説新潮』の表紙絵を描く(1987年まで)。
1950年三越の包装紙「華ひらく」をデザインする。
1951年国鉄上野駅(現 JR東日本上野駅)の大壁画《自由》を制作。
1955年再度パリでの勉学を目指し日本を発つが、途中滞在したニューヨークに惹かれそのまま留まることとし、約20年間同地で制作する。
1973年日本に一時帰国中、病に倒れる。
1975年ニューヨークのアトリエを引き払う。その後、冬の間をハワイで、その他の季節は東京で制作するようになる。
1989年丸亀市へ作品1000点を寄贈。
1991年丸亀市猪熊弦一郎現代美術館開館。
1992年所有するすべての作品などを丸亀市に寄贈する趣旨の文書提出。以降、順次丸亀市猪熊弦一郎現代美術館に搬入。
1993年東京にて死去。90歳。
Photo: Francis Haar
無断転載禁止
ページトップ