過去の常設展 猪熊弦一郎展 Past Exhibitions from the Collection

◎2018年度

猪熊弦一郎のおもちゃ箱 Genichiro Inokuma: Toy Box

2018年4月14日(土)-7月1日(日)
会期中無休
画家、猪熊弦一郎(1902-93)を紹介する同タイトルの書籍にちなんだ展覧会です。代表的な絵画作品に、ガラクタをアレンジした小さなオブジェ、無心に描いたスケッチブック、センスあふれる収集品などを織り交ぜ、猪熊の生涯を展観します。
詳細
書籍『猪熊弦一郎のおもちゃ箱 やさしい線』(小学館 2018年2月発行)

美術館は心の病院 猪熊弦一郎とMIMOCA An Art Museum is a Hospital for the Heart—Genichiro Inokuma and MIMOCA

2018年7月14日(土)-9月30日(日)
会期中無休
 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(愛称:MIMOCA(ミモカ))は丸亀市ゆかりの画家・猪熊弦一郎(1902−93)の全面的な協力のもと、1991年に開館しました。落成式の際のインタビューで、猪熊は「美術館は心の病院」という言葉を残しています。美術館で良い作品を見たり、気持ちのよい空間に身を置いたりすることは、心を癒し新鮮な刺激を受け、生きる活力を得る機会になります。猪熊は、せわしない現代社会において「心の病院」として美術館は欠かせない存在になると考えていました。そんな「心の病院」を実現するため、立地から理念、建築、調度品に至るまで丸亀市と猪熊とで協議を重ねてMIMOCAが形作られていきました。
 MIMOCAに対する猪熊の思いや、当館の理念について、これまでまとめてご紹介する機会はあまりありませんでした。本展では「心の病院」としてのMIMOCAそのものにスポットを当て、様々な活動を積み重ねてきたこれまでのあゆみを振り返りながら、猪熊がMIMOCAに込めた思いをひもときます。

詳細
ページトップ