杉本博司 アートの起源|歴史 関連プログラム matohu ミニ ファッションショー
対談:深井晃子× matohu(堀畑裕之・関口真希子)
"matohu" mini fashion show
Talk event: Akiko Fukai and "matohu"

Facebook

日時:2011年7月23日(土) 19:00開場/19:20開演
   21:00 終了予定(終演後、21:30まで展覧会をご観覧いただけます。)
場所:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 展示室C
主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
協力:公益財団法人小田原文化財団、ギャラリー小柳

◎チケット 100 枚限定(全席自由、先着順)
*完売しました(キャンセル待ちの受付も終了しました)
料金:2,000 円(当日の展覧会観覧料含む)
「杉本博司 アートの起源」年間パスポートをお持ちの方、大学生以下、
MIMOCA FRIEND 会員1,500 円
*年間パスポート、学生証、MIMOCA FRIEND 会員証をそれぞれご提示ください。

◎キャンセル待ちお申し込み方法
1. 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館1 階受付にて
2. 電話にて Tel. 0877-24-7755
3. メールにて
下記の書式にてお申し込み下さい。
宛先:
件名:ファッションショー、対談キャンセル待ち申込
お名前(ふりがな)、お電話番号、メールアドレス(mimoca.org からのメール受信が可能なアドレス)、購入希望枚数

キャンセルが出た場合のみ、当館よりご連絡させていただきます。

一人のアーティストを1 年間にわたって4つの展覧会で紹介する「杉本博司 アートの起源」。現在は第3弾として「歴史」展を開催中です。本展では、20 世紀の優れた女性服は彫刻としての美を備えていると考えた杉本の作品《スタイアライズド スカルプチャー》が日本で初めて公開され、大きな話題を呼んでいます。
この杉本作品がつくり出す壮大な展示空間の中で、独自のコンセプトで服作りを行っている matohu がファッションショーを行います。彼らのメインアイテムである「長着」を中心にしたショーでは、明確な美意識のもと、今まさに洋服への新しい視点をひらこうとしている服が目前に繰り広げられます。
また、ショーに続いて《スタイアライズド スカルプチャー》で撮影された貴重な洋服を所蔵する、京都服飾文化研究財団理事、チーフ・キュレーターであり、服飾研究の第一人者である深井晃子とmatohu の堀畑裕之、関口真希子による対談も開催。杉本作品を起点に、ファッションについて縦横無尽に語られます。

深井晃子

深井晃子
お茶の水女子大学、並びに同大学院修士課程にて西洋服装史を専攻。その後パリ第4大学(ソルボンヌ)で美術史を専攻。1979年より京都服飾文化研究財団(KCI)に勤務。現在、同財団理事、チーフ・キュレーター。
「華麗な革命」(1989)、「モードのジャポニスム」(1994)、「身体の夢」(1999)、「COLORSファッションと色彩」(2004)、「Stylized Sculpture」(2007)、「ラグジュアリー:ファッションの欲望展」(2009)といったKCIの展覧会を企画。これらは美術館におけるファッション展として開催された。2010年から2011年にかけては、日本ファッション展「Future Beauty:30 Years of Japanese Fashion」展が開催されている(ロンドン:バービカン・アート・ギャラリー ミュンヘン:ハウス・デア・クンスト)。
また、2000 年から2007 年まで教授を務めた静岡文化芸術大学のほか、東京大学大学院や京都大学大学院での講義など、国内の大学においてファッション学の重要性を高めることに貢献している。

matohu
堀畑裕之 関口真希子
Photo Keisuke Akabane

matohu
デザイナー 堀畑裕之 関口真希子
「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトに、2005年より毎シーズン東京コレクションで作品を発表。ヨーロッパモードとは違う文脈の、オリジナルな創造性が高い評価を得ている。2010年春夏までの10シーズンは「慶長の美」をテーマにコレクションを発表、現在は「日本の眼」をテーマに更なる展開を見せている。
2009年 毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。
「matohu 慶長の美展」を今年1月にスパイラルガーデン(東京・表参道)で、6月25日より9月4日まで熊本市現代美術館で開催中。

関連プログラム

キュレーターズ・トーク
会期中の第2土曜日および毎日曜日 各日14:00-
本展担当キュレーター(松村円、国枝かつら)が展示室にて展覧会の見どころをお話します。

コーポレーション・デイ
2011年6月11日(土)
企業からのご協賛により観覧無料となります。
ご協賛企業:おみやげ SHOP MIU株式会社ベネッセホールディングス社会福祉法人祷友会 紅山荘(五十音順)

コーポレーション・デイ
2011年7月9日(土) 
企業からのご協賛により観覧無料となります。
ご協賛企業:株式会社ベネッセホールディングス日本通運株式会社香川支店 高松引越美術品センター(五十音順)

コーポレーション・デイ
2011年8月13日(土)

企業からのご協賛により観覧無料となります。
ご協賛企業:子供絵画造形教室アトリエK、
日本通運株式会社香川支店高松引越美術品センター、hair space Jaxon (五十音順)

ワークショップ情報

「杉本博司 アートの起源|歴史」関連
親子ツアー

2011年6月11日(土) 11:00-
美術館スタッフと一緒に杉本作品をたのしくおしゃべりしながら、みてまわります。当日一階受付前にお集まりください。

時間を撮る
1日目 2011年7月3日(日) 10:00-11:30
2日目 2011年8月7日(日) 13:00-15:00
対象:小学4年生以上一般
1日目は「杉本博司 アートの起源|歴史」展を展覧会担当の解説とともに鑑賞し、作品の中に繰り広げられるさまざまな歴史と、その写真作品の中に存在する「時間」について考えます。2日目は1ヶ月の間に「時間」をテーマにした作品を各自撮影し、プリントして持参。参加者同士での発表の後、2階造形スタジオに展示します。

親子ツアー
2011年7月9日(土) 11:00-
美術館スタッフと一緒に杉本作品をたのしくおしゃべりしながら、みてまわります。当日一階受付前にお集まりください。

ページトップ