「志賀理江子 ブラインドデート」リレートーク いがらしみきお×志賀理江子 『I【アイ】』について

Facebook

日時:2017年6月10日(土) 14:00-
場所:2階造形スタジオ
入場料:無料
申込不要

ー幼い頃からずっと考えてきた、生と死のこと。命の意味。その先にある”答え”を、今なら描ける気がする

2011年の震災後に発売された『I【アイ】』の帯に書かれた言葉。この言葉をきっかけに、志賀はこの本を手に取りました。人間の存在、宗教、暗闇、そして言葉。「ブラインドデート」につながる根源的な問いに向き合う『I【アイ】』について、いがらしみきおとお話します。

「ここまで人間に迫った作品を他に知りません。作品の中の細かなひとつひとつが現在の現実の東北であると思う。」(志賀理江子)

『I【アイ】』(全3巻)
いがらしみきお
小学館、2011-2013年

いがらしみきお

1955年宮城県中新田町(加美町)に生まれる。24歳で漫画家デビュー。代表作に「あんたが悪いっ」(1983年漫画家協会賞優秀賞)、「ぼのぼの」(1988年講談社漫画賞)、「忍ペンまん丸」(1998年小学館漫画賞)、「I」、「羊の木」(2015年文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞)、「誰でもないところからの眺め」(2016年漫画家協会賞優秀賞)など。「かむろば村へ」は「ジヌよさらば-かむろば村へ-」として2015年に映画公開、「羊の木」(山上たつひこ原作)は2018年映画公開予定。現在は「ぼのぼの」がフジテレビ系列でアニメ放映中。近著としてエッセイ「花火の音だけ聞きながら」6月刊行予定。2010年宮城県芸術選奨、仙台市在住。

撮影:志賀理江子

関連プログラム

写真家・志賀理江子のワークショップ開催・作品制作のための「弔い」に関するアンケートご協力のお願い
アンケートの募集期間:現在募集中〜2017年4月23日(日)必着
アンケートの募集は終了しました。ご協力いただき、ありがとうございました。
「志賀理江子 ブラインドデート」の出品作家である、志賀理江子さんが関連ワークショップ開催及び作品制作のためにアンケートのご協力をお願いしています。
皆さんのご回答が、会期中に行う関連ワークショップに反映されたり、ご回答をもとに志賀さんが新作を制作する可能性もあります。
是非ともご協力の程、お願いいたします。

ブラインドデート・ライブラリー
2017年6月10日(土)-9月3日(日)
会期中無休
志賀理江子の制作スタジオ「スタジオ・パーラー」の本棚より、世界中から集められた本の数々を美術図書室に配架します。

オープニングパーティー
2017年6月10日(土) 16:00-17:00
志賀理江子を囲んでオープニングパーティーを開催します。

志賀理江子 アーティスト・トーク
2017年6月11日(日) 14:00-
志賀理江子によるアーティスト・トークを開催します。

竹内万里子×志賀理江子
2017年7月1日(土) 14:00-
竹内万里子(写真批評家)と志賀理江子が『ルワンダ ジェノサイドから生まれて』について話します。

土田朋水×志賀理江子
2017年8月6日(日) 14:00-
土田朋水(編集者)と志賀理江子が「ビッグイシュー日本版」について話します。

飴屋法水×志賀理江子
2017年9月3日(日) 14:00-
飴屋法水(演出家・美術家・動物商)と志賀理江子が『キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?』について話します。

キュレーターズ・トーク
会期中の毎日曜日 14:00- 
(関連イベント開催時は中止いたします。)
本展担当キュレーター(国枝かつら)が展覧会をご案内します。
*申込不要、当日1階受付前にお集まりください。

ワークショップ情報

石拾い
2017年7月2日(日)
13:00~16:00
「志賀理江子 ブラインドデート」の出品作家である志賀理江子さんから作品の制作や今回の展覧会に関わるテーマである「弔い」についての話をきいた後、川へ石を拾いに行きます。
美術館に戻って、拾ってきた石を囲み、それぞれがなぜその石を拾ってきたのかなど話し合います。わたしたちはその石に何をみるのでしょうか。
※途中、屋外(土器川河原)での作業がありますのでご了承ください。

申し込み期間を終えたため、応募を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップ