「志賀理江子 ブラインドデート」リレートーク 竹内万里子×志賀理江子 『ルワンダ ジェノサイドから生まれて』について

Facebook

日時:2017年7月1日(土) 14:00-
場所:2階造形スタジオ
入場料:無料
申込不要

1994年にルワンダで起きたジェノサイド。その際に大勢の女性たちが性的暴力を受け、およそ2万人の子供たちが生まれたと言われています。この本の著者ジョナサン・トーゴヴニクは2006年から約3年をかけ、母子30組のポートレートを撮影しインタビューを行いました。見ることでしか見えない写真の限界と可能性はどこにあるのか。日本語版企画・翻訳を手掛け、志賀がずっと対話し続けたいと語る竹内万里子とのトークです。

「この問題は私にも関係があります。無関係と思いません。」(志賀理江子)

『ルワンダ ジェノサイドから生まれて』
写真・インタビュー:ジョナサン・トーゴヴニク
企画・翻訳:竹内万里子  
赤々舎、2010年

竹内万里子(たけうち・まりこ)

早稲田大学政治経済学部卒業、同大学大学院文学研究科修士課程修了(芸術学)。2008年フルブライト奨学金を受け渡米。早稲田大学非常勤講師、東京国立近代美術館客員研究員などを経て、2009年より京都造形芸術大学准教授。2008年「パリフォト」日本特集のゲストキュレーター、2016年「ドバイフォトエキシビジョン」日本担当キュレーターを務めた。国内外の新聞、雑誌、作品集や展覧会図録への執筆多数。主な寄稿作品集に『鷹野隆大 1993-1996』、志賀理江子『螺旋海岸 | notebook』、オサム・ジェームス・中川『GAMA CAVES』、新井卓『MONUMENTS』など。訳書にジョナサン・トーゴヴニク『ルワンダ ジェノサイドから生まれて』がある(同作品の日本巡回展も企画)。2018年初の単著『沈黙とイメージ』を赤々舎より刊行予定。

撮影:志賀理江子

関連プログラム

写真家・志賀理江子のワークショップ開催・作品制作のための「弔い」に関するアンケートご協力のお願い
アンケートの募集期間:現在募集中〜2017年4月23日(日)必着
アンケートの募集は終了しました。ご協力いただき、ありがとうございました。
「志賀理江子 ブラインドデート」の出品作家である、志賀理江子さんが関連ワークショップ開催及び作品制作のためにアンケートのご協力をお願いしています。
皆さんのご回答が、会期中に行う関連ワークショップに反映されたり、ご回答をもとに志賀さんが新作を制作する可能性もあります。
是非ともご協力の程、お願いいたします。

ブラインドデート・ライブラリー
2017年6月10日(土)-9月3日(日)
会期中無休
志賀理江子の制作スタジオ「スタジオ・パーラー」の本棚より、世界中から集められた本の数々を美術図書室に配架します。

いがらしみきお×志賀理江子
2017年6月10日(土) 14:00-
いがらしみきお(漫画家)と志賀理江子が『I【アイ】』について話します。

オープニングパーティー
2017年6月10日(土) 16:00-17:00
志賀理江子を囲んでオープニングパーティーを開催します。

志賀理江子 アーティスト・トーク
2017年6月11日(日) 14:00-
志賀理江子によるアーティスト・トークを開催します。

土田朋水×志賀理江子
2017年8月6日(日) 14:00-
土田朋水(編集者)と志賀理江子が「ビッグイシュー日本版」について話します。

飴屋法水×志賀理江子
2017年9月3日(日) 14:00-
飴屋法水(演出家・美術家・動物商)と志賀理江子が『キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?』について話します。

キュレーターズ・トーク
会期中の毎日曜日 14:00- 
(関連イベント開催時は中止いたします。)
本展担当キュレーター(国枝かつら)が展覧会をご案内します。
*申込不要、当日1階受付前にお集まりください。

ワークショップ情報

石拾い
2017年7月2日(日)
13:00~16:00
「志賀理江子 ブラインドデート」の出品作家である志賀理江子さんから作品の制作や今回の展覧会に関わるテーマである「弔い」についての話をきいた後、川へ石を拾いに行きます。
美術館に戻って、拾ってきた石を囲み、それぞれがなぜその石を拾ってきたのかなど話し合います。わたしたちはその石に何をみるのでしょうか。
※途中、屋外(土器川河原)での作業がありますのでご了承ください。

申し込み期間を終えたため、応募を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップ