平成29年度 丸亀市若手芸術家支援事業 (Re)Collection (Re)Collection

Facebook

会期:2018年3月11日(日)-18日(日)
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
会場:2階造形スタジオ

主催:丸亀市、丸亀市文化振興事業協議会、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団

観覧料:無料

◎概要
平成29年度丸亀市若手芸術家支援事業の一環として、Jesus Chaparro(ヘスース・チャパーロ)の個展を開催いたします。紙で作られた岩を宙づりにして展示します。岩には磁石が入っており、一つの岩の動きに反応して周囲の岩が動きます。どうぞご覧ください。

1.展示イメージ

日本の美学やオレゴンの砂漠から着想を得たへスースは、身近にありながらも容易に見落とされがちな物事に着目する。それらの複雑性を表現する為に「岩」を創り始めた。自然の岩をデジタルスキャン・修正し、印刷技術を用いて紙に形成。物理的に再構築した紙岩で、大自然が岩に与える力を模倣する。彼の再創造した「デジタル・オーガニック」な岩たちが含意しているのは、事物が出来上がる過程。身の回りにある原石たちがどのように形成されたのかという思惑を誘発させる。

Jesus Chaparro began to create rocks in order to explore the complexity in something so familiar, yet easily overlooked. Initially inspired by his studies in Japanese aesthetics and a weekly commute in the Oregon desert, he mimics the natural forces that act upon rocks by digitally scanning and modifying them, then physically reconstructing them out of printed paper forms. These “digitally organic” recreations contain a process history that invites consideration of how these objects came to be, and where their organic counterparts are now.
◎作家プロフィール
Jesus Chaparro(ヘスース・チャパーロ)
米テキサス州エルパソ郡生まれ。メキシコと米オレゴン州の異なる文化で育つ。ホイットマンカレッジにて版画やシルク印刷を主とするスタジオアート課程を修了後、2015年に初来日。現在は英語と芸術の教員として高松市の初等教育機関に携わっている。

Jesus Chaparro
Jesus is also product of multiple backgrounds and forces. Born in Texas, he has also lived in Mexico and Oregon.He received a BA in Studio Art from Whitman College. Jesus first came to Japan in 2015, he currently works as an English-Art Educator in Takamatsu City.
ページトップ