いのくまさんの日 Inokuma's Day

Facebook

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団

第1日曜日は「いのくまさんの日」。
MIMOCAに気軽に訪れていただけるようなプログラムでみなさまをお待ちしています。
お子様連れ、ご家族、ご友人同士でぜひお越しください!

【概要】
実施日:2018年5月〜11月までの毎月第1日曜日
5月6日(日)、6月3日(日)、7月1日(日)
8月5日(日)、9月2日(日)、10月7日(日)、11月4日(日)

時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
対象:子ども~大人
料金:無料
ただし、5月〜9月の「トークフリーデー」「対話型鑑賞によるキュレーターズ・トーク」ご参加の場合、展覧会の観覧料は必要
(高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料)
場所:美術館内

【内容】
■いのくまさんのお話を聴こう!(5月〜11月)
1階の入り口付近で、猪熊が1991年の開館時に語ったインタビューの音声を流します。猪熊が美術館に込めた想いをお聴きいただくことができます。どのようなメッセージを残したのか、当時を知る方も知らない方もぜひお楽しみください。
「美術館落成式でのスピーチ」 5分5秒 1991年11月22日
「インタビュー 美のわかる人」 1分24秒 1991年11月22日
「インタビュー 心の病院」 53秒 1991年11月22日
「コンテンポラリーアート(現代美術)について」 2分23秒 1993年5月14日

■丸亀ここがMIMOCA特別プログラム
ミニ作品鑑賞(10月7日、11月4日)

1階エントランスホールや2階アートセンターに展示している作品をみなさんと美術館スタッフが一緒にお話しながら鑑賞します。
時間:14時〜
対象:子ども〜大人
参加料:無料
申込:不要

■DVD「guén 猪熊弦一郎」上映(10月7日)
絵を描く猪熊の姿や言葉から、気軽にその魅力に触れてみませんか。
猪熊の人生を、当時の写真や作品画像でたどるとともに、実際に絵を描いたり、話をする猪熊の姿をご覧いただけます。DVD「guén 猪熊弦一郎」についてはこちら
時間:終日(1回約16分をループ上映)
場所:2階ミュージアムホール

■丸亀ここがMIMOCA(5月〜11月)
毎日開催の「丸亀ここがMIMOCA」を、「いのくまさんの日」も実施します。

■トークフリーデー(5月〜9月)
ご存知ですか?美術館は小さな子どもから大人までどなたでも利用でき、車いすやベビーカーの無料貸出もしています(台数限定・予約不可)。また作品を一人で静かに鑑賞しても、誰かといろいろ話をしながら見ても良いところです。このことを知っていただくため、5月〜9月の毎月第1日曜日は「トークフリーデー」として、椅子の配置を変更するなど、展示室内でゆっくり過ごしていただけるようにします。
※「トークフリーデー」は作品についての会話を自由に楽しみながら鑑賞いただくことを目的としており、「トークフリーデー」以外の日の来館者に対して会話の制限を促すものではありません。

■丸亀ここがMIMOCA特別プログラム
対話型鑑賞によるキュレーターズ・トーク(5月〜9月)

展覧会担当キュレーターと一緒にお話をしながら出品作品を鑑賞するキュレーターズ・トークをおこないます。
実施日時:5月6日(日)、6月3日(日)、7月1日(日)
14:00〜企画展「荒井茂雄展 人生の詩」キュレーターズ・トーク
15:00〜常設展「猪熊弦一郎のおもちゃ箱」キュレーターズ・トーク

実施日時:8月5日(日)、9月2日(日)
14:00〜企画展「猪熊弦一郎展 風景、顔」キュレーターズ・トーク
15:00〜常設展「美術館は心の病院 猪熊弦一郎とMIMOCA」キュレーターズ・トーク

関連プログラム
◎お城まつり協力
「いのくまさんの日」特別版 オープンワークショップ
「切って、貼って、キャンバスになんでもコラージュ」
日時: 2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝) 11:00-15:30(最終受付15:00)
場所:1階ゲートプラザ(荒天の場合は2階アートセンター)
対象:子ども~大人
参加料:200円

1. 5月6日(日)の「いのくまさんの日」
2. 5月6日(日)の「いのくまさんの日」
3. 「いのくまさんのお話を聴こう!」コーナー

ページトップ