常設展「猪熊弦一郎のおもちゃ箱」関連プログラム 講演会 岡本仁「画家のおもちゃ箱」

Facebook

日時:2018年6月2日(土) 14:00-

会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 3階展示室C
聴講料:無料(ただし展覧会チケットが必要です)
*会場に60席程度椅子をご用意します。立ち見も可能です。

主催:丸亀市、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団

◎概要 常設展示「猪熊弦一郎のおもちゃ箱」のもとになった書籍『猪熊弦一郎のおもちゃ箱 やさしい線』(小学館、2018年2月)に、猪熊ファンの一人として文章をよせてくださった編集者の岡本仁氏をお迎えし、展示室内での講演会を開催いたします。岡本さんにとっての猪熊の魅力をお話いただきます。

講師プロフィール/岡本 仁(おかもと ひとし)
編集者。マガジンハウスで「ブルータス」「リラックス」等の雑誌編集に携わった後、ランドスケーププロダクツに入社。主な著書に『ぼくの香川案内』(ランドスケーププロダクツ、2013年)、『ぼくらの岡山案内』(同社、2016年)、『東京ひとり歩き ぼくの東京地図。』(京阪神Lマガジン、2017年)など。2016年8月には「瀬戸内国際芸術祭2016×三越伊勢丹コラボエキジビション [Featuring 猪熊弦一郎]」として、日本橋三越本店で猪熊の紹介を担当、「いのくまさんに会いに行こう」をテーマに、同店のショーウィンドウにMIMOCAエントランスのオブジェや香川県県民ホールの壁画をモチーフにしたインスタレーションを展開、店内配布用のタブロイド紙『ART FOR ALL』も作成した。

関連プログラム

キュレーターズ・トーク
会期中(2018年4月14日-7月1日)の第1日曜日 15:00-

本展担当キュレーター(古野華奈子)とお話しながら一緒に作品を鑑賞しましょう。

ページトップ