杉本博司 アートの起源|科学 Hiroshi Sugimoto ORIGINS OF ART|Science

Facebook

会期:2010年11月21日(日)-2011年2月20日(日)
*2010年12月25-31日は年末休館
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、財団法人ミモカ美術振興財団
協力:財団法人小田原文化財団、ギャラリー小柳

◎観覧料:一般 950円(760円)、大学生 650円(520円)
高校生以下または18歳未満、丸亀市内に在住の65歳以上・
各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金(常設展料金含む)

◎年間パスポート:2,500円
*2010年11月21日−2011年11月6日までの会期中、
お一人につき何回でも使用できます。

◎前売チケット販売:
チケットぴあ(サークルK・サンクス)0570-02-9999
pia.jp/t (Pコード:科学764-159、年間パスポート764-163)
[丸亀]あーとらんどギャラリー 0877-24-0927、オークラホテル丸亀 23-2222、
おみやげSHOPミュー 22-2400、きままや 22-9361

◎11月23日(火・祝)は開館記念日のため観覧無料

◎概要
杉本博司(1948-)は、ニューヨークを拠点に活動する現代美術家です。写真というメディアを追究し、独自のコンセプトと最高の技術によって生み出した美しくも力強い表現は、世界中の人々を魅了し続けてきました。この奥深い杉本芸術の全貌を探るため、一人の作家を一年間にわたり内容の異なる4つの展覧会で紹介するという、これまでにない大胆なプロジェクト「杉本博司 アートの起源」を開催いたします。
“今、読めない先を見るためには、振り返らなければならない時がきたのだ。”この時代にアートがなすべきはその起源を辿ること、それはとりもなおさず人間の意識の起源を辿ることだと杉本は考えます。なかでも「科学」「建築」「歴史」「宗教」の4つを意識の最も根源的なものとしてテーマに掲げました。
第1回目の本展は「科学」的精神に迫ります。人間は自然を畏れつつも近づき、解き明かそうとしてきました。杉本も、ファラデーやタルボット、ニュートンら先人の影響を受け、自ら入念な観測や実験を行い制作しています。そこにあらわされたイメージは、事象の根源に迫るとともに、原始的なダイナミズムをたたえています。人間の科学的好奇心そのものが凝縮されているとも言えるこれらの作品によって、見る人は身体の奥底に眠る自然への畏怖を呼び覚まされることとなるでしょう。

1.《偏光色 037》2010年 ポラロイド写真
2.《観念の形 006 負の定曲率曲面、回転面》2006年 アルミニウム、鏡
3.《放電場電飾005》2008年 ライトボックス、白黒フィルム
4.《放電場 128》2009年 ゼラチン・シルバー・プリント

all images ©Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi
無断転載禁止

関連プログラム

安藤洋子 パフォーマンス[えれきてる]
2010年11月21日(日) 19:00開場/19:30開演
「杉本博司 アートの起源」オープニング・イベントとして、ドイツを拠点に世界で活躍するダンサー安藤洋子(ザ・フォーサイス・カンパニー)によるソロ・パフォーマンスを上演。終了後には杉本博司と安藤洋子の対談を開催します。

キュレーターズ・トーク
会期中の日曜日(ただし11月21日をのぞく) 各日14:00-
本展担当キュレーター(古野華奈子、国枝かつら)が展示室にて展覧会の見どころをお話します。

コーポレーション・デイ
2010年12月11日(土)
企業からのご協賛により観覧無料となります。
ご協賛企業: 

コーポレーション・デイ
2011年1月8日(土) 
企業からのご協賛により観覧無料となります。
ご協賛企業:社団法人香川県資源研究所

コーポレーション・デイ
2011年2月12日(土) 
企業からのご協賛により観覧無料となります。
ご協賛企業:

「杉本博司 アートの起源」サポーター募集!
2010年11月21日(日)−2011年11月6日(日)

「杉本博司 アートの起源」コーポレート・メンバー募集!
2010年11月21日(日)−2011年10月8日(土)

ワークショップ情報

「杉本博司 アートの起源|科学」関連
親子ツアー

2011年1月8日(土)・1月29日(土)14:00−
杉本作品をたのしくおしゃべりしながら、みてまわります。
当日一階受付前にお集まりください。

ページトップ