MIMOCA'S EYE vol.3 フランシス・アップリチャード展 
ポテトポエム
Francis Upritchard:Potato Poem

Facebook

会期:2013年4月13日(土)−6月30日(日) *会期中無休 
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
*4月13日(土)、20日(土)は21:00まで開館(入館は20:30まで)

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
共催:読売新聞社、美術館連絡協議会
助成:グレイトブリテン・ササカワ財団
協賛:ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン
協力:ブリティッシュ・カウンシル

◎観覧料 一般950円(760円) 大学生650円(520円)
高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金
*同時開催企画展「猪熊弦一郎展 壁画の仕事」及び常設展料金含む

*6月24日(月)−30日(日)までは「MIMOCA'S EYE vol.3 フランシス・アップリチャード展 ポテトポエム」および常設展のみ開催
一般550円、大学生380円、団体一般440円、団体大学生300円(当該期間の前売り販売はありません)

◎前売券販売場所
[丸亀]あーとらんどギャラリー(0877-24-0927)、オークラホテル丸亀(23-2222)、おみやげSHOPミュー(22-2400)、きままや(22-9361)

新進気鋭の若手作家を紹介するシリーズ「MIMOCA’S EYE」。第3回目となる今回は、ロンドン在住の女性作家フランシス・アップリチャード(1976-)をご紹介します。アップリチャードは、粘土でつくられたカラフルな人体彫刻を中心にインスタレーションを制作。2009年にはヴェネツィア・ビエンナーレのニュージーランド館代表に選ばれるなど、近年国際的に高い注目を集めています。

本展は、アップリチャードの日本初個展となります。わたしたちの既存の認識や異なる文化への理解を新たな視点でとらえ直そうとする作品は、その裏に潜む無数の解釈や世界の広さを見せてくれるでしょう。

1. 《Potato Seller (ジャガイモ売り)》 2012
2. 《Osaka Dancer (オオサカダンサー)》 2012
3. 《Yellow and Black Gown (黄色と黒のガウン)》 2012
1-3. courtesy of the artist and Kate MacGarry, London
4-6. 『MIMOCA'S EYE vol.3 フランシス・アップチャ―ド展 ポテトポエム』展示風景 撮影:木奥恵三


◎同時開催企画展
猪熊弦一郎展 壁画の仕事
会期:2013年4月13日(土)−6月23日(日)

関連プログラム

ポテトポエムパーティ
2013年4月13日(土)19:00-20:00

作家を囲んでオープニング・パーティを開催します。
*当日は夜館開館の為、展覧会は21:00までご覧いただけます

アーティスト・トーク
2012年4月14日(日) 14:00- (予約不要)
本展の出品作家であるフランシス・アップリチャードが、作品やロンドンでの制作活動について語ります。

夜間開館
日時:2013年4月13日(土)、20日(土) 18:00-21:00
全館21:00まで開館します。 ただしカフェレストMIMOCAは13日18:00-19:00まで「ポテトポエムパーティ」準備の為、一時閉店します。

キュレーターズ・トーク
会期中の毎日曜日 各日14:00-
本展担当キュレーター(国枝かつら)が展示室にて展覧会の見どころをお話します。

ワークショップ情報

夜のポテトポエムツアー
2013年5月25日(土) 19:00-20:30
普段は入ることができない夜の時間に「フランシス・アップリチャード展 ポテトポエム」を楽しんだあと、特殊なねんどで小さなオブジェをつくりましょう。
※詳細ページにレポートを掲載しています。

ページトップ