愛すべき世界 Our Beloved World

Facebook

会期:2015年12月20日(日)-2016年3月27日(日) *年末休館:12月25日-31日
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
助成:一般財団法人自治総合センター、芸術文化振興基金、公益財団法人 花王 芸術・科学財団


※本展覧会は、宝くじの助成を受けて開催するものです。

◎観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円) 高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*同時開催の常設展「猪熊弦一郎展」の観覧料を含む
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金

◎概要
私たちが日々を送るこの世界。ともすれば背を向けてしまいそうになる問題が山積するなかで、これからも長くこころよく生きていくためには、世界と真摯に向き合い、穏やかな変化の道筋を開こうとする姿勢が大切ではないでしょうか。本展では、4人の作家それぞれが自らの立つ場所を見つめ、そこにある課題を自分のものとして深く考えることから生み出した作品を紹介します。それらは物事に対する姿勢のあり方を提示し、さらに半歩先の社会を照らしてくれます。かすかな希望の兆しを内包したこれらの作品は、一人ひとりが身の回りを取り巻く現状を認識し、わずかずつでも変化させていく契機となり、未来の柔軟な社会へとつなげてくれることでしょう。

出品作家
鷹野隆大(1963年生まれ 東京在住)
丹羽良徳(1982年生まれ 東京在住)
ミヤギフトシ(1981年生まれ 東京在住)
森村泰昌(1951年生まれ 大阪在住)

1. 鷹野隆大《15.09.24.#b16》2015年 (「毎日写真」より)
 Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon ©Ryudai Takano

2. 丹羽良徳《日本共産党でカール・マルクスの誕生日会をする》2013年
 ©Yoshinori Niwa

3. ミヤギフトシ《花の名前》2015年
 ©Futoshi Miyagi

4. 森村泰昌《なにものかへのレクイエム(独裁者を笑え/スキゾフレニック)》2007年
 courtesy of the artist and Yoshiko Isshiki Office, Tokyo

関連プログラム

作家によるギャラリー・トーク
日時:12月20日(日) 14:00−
講師:鷹野隆大、丹羽良徳、ミヤギフトシ(予定、いずれも本展出品作家)
終了しました。
本展出品作家が展示室で自らの作品について話します。

キュレーターズ・トーク
日時:会期中の日曜日(2015年12月20日はのぞく)14:00-
*2016年3月13日(日)は関連イベント開催のため中止します。
担当キュレーターが展覧会をご案内します。

「大人の事情を再演する」
2016年3月13日(日)15:00−
丹羽良徳の作品《より若い者がより歳をとった者を教育する》に関連したパフォーマンスをおこないます。どなたでもご覧いただけますので、ぜひご来場ください。

ワークショップ情報

写真を見る、写真を撮る
①2016年1月30日(土)②2016年1月31日(日)
各日10:00~15:30〔途中休憩を含む〕
終了しました。
開催中の企画展「愛すべき世界」に関連して、出品作家の鷹野隆大さんを講師にお迎えし、写真のワークショップを開催します。
はじめに参加者同士で互いに写真を撮影した後、その写真を鷹野さんと一緒にじっくりと見ていきます。初めて知る相手を皆さんはどのように見て、どのように撮影したのか、写真から読み取っていきます。

ヒュアキントスについて考えながらヒヤシンスを描く
2016年2月27日(土) 13:30-15:30
開催中の企画展「愛すべき世界」に関連して、出品作家のミヤギフトシさんを講師にお迎えし、ワークショップを開催します。
展示中のミヤギさんの作品には、重要な要素としてヒヤシンスが登場します。「ヒヤシンス」の名前のもととなった神話上の人物「ヒュアキントス」にまつわる神話や、ヒュアキントスの物語をモチーフにしたモーツアルトのオペラについてなど、ミヤギさんがお話します。お話の内容をもとに、ヒヤシンスとはどんなものなのか、じっくり想像して描いてみましょう。最後に、みんなで描いた絵についてお話しましょう。当日の様子は、今後ミヤギさんの作品の一部になるかも!!
*終了しました

ページトップ