開館25周年記念 MIMOCAコレクション じつはいろいろあるんです! MIMOCA’s Collection: Artworks of All Kinds!

Facebook

会期:2017年2月25日(土)-5月28日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団

◎観覧料
一般950円(760円) 大学生650円(520円)  
*高校生以下または18才未満・丸亀市内に在住の65才以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金
*同時開催常設展「猪熊弦一郎展 じつにいろいろ描きました」観覧料含む

◎前売券販売場所
[丸亀]あーとらんどギャラリー(0877-24-0927) オークラホテル丸亀(23-2222) おみやげSHOPミュー(22-2400) きままや(22-9361)

◎概要
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)は1991年11月の開館以来、猪熊弦一郎(1902-1993)の画業の顕彰、今に生きる私たちの心に響く現代の優れた美術の紹介、という二つの方針のもと展覧会を開催しています。この理念に基づき25年間にわたって活動を続けるうちに、猪熊の作品や、開催した展覧会に関わる作家の作品を寄贈・寄託されるようになりました。このことにより、開館時、猪熊本人から寄贈された作品でなりたったコレクションが、ますます充実してきています。収蔵された各作家の代表作や、飛躍するきっかけとなった作品の数々は魅力的で、それぞれの作家の現在につながる制作としても興味深いものです。また、展覧会出品が縁となってコレクションに加わった作品を一挙公開することによって現代美術館としての当館の活動を知っていただき、これからも美術を楽しむ場として、MIMOCAによりいっそう親しんでもらいたいと思います。
優れた作品の数々でありながら、まとまってご紹介する機会がなかった当館コレクションを開館25周年を記念して公開いたします。ぜひご覧ください。

1. 中川幸夫《魔の山》1989年(再制作2001年)Ⓒ中川幸夫
2. 秋山さやか《丸亀の広島をまわるめぐる 2008年9月24日》2008年 Ⓒ秋山さやか
3. 小金沢健人 ドローイング 2009年 ⒸTakehito Koganezawa
4. 鈴木理策《Étude 10,F-5》2010年 ⒸRisaku Suzuki
5. 須田悦弘《雑草》2006年 ⒸYoshihiro Suda / Courtesy of Gallery Koyanagi
6. ホンマタカシ《Together: Wildlife Corridors in Los Angeles》2008年 ⒸTakashi Homma

関連プログラム

キュレーターズ・トーク
展覧会会期中の毎日曜日/14:00−
*他の関連プログラム開催時を除きます
*5月28日は「エコーのしっぽ」小金沢健人パフォーマンス 開催のためキュレーターズ・トークは中止します
本展担当キュレーター(松村円)が展覧会をご案内します。

ホンマタカシ「First, jay comes./最初にカケスがやってくる」上映会+トーク
日時:2017年2月25日(土) 13:00−
料金:一般1,000円、小学生500円、小学生未満無料
終了しました

ホンマタカシによる映画「First, jay comes./最初にカケスがやってくる」を上映します。ホンマによるアフタートークもあり。

やなぎみわアーティスト・トーク
2017年4月22日(土)14:00−
終了しました
出品作家である、やなぎみわによるアーティスト・トークをおこないます。

「エコーのしっぽ」
小金沢健人パフォーマンス

2017年5月28日(日)15:00−

小金沢健人による光と音のパフォーマンスをおこないます。

ページトップ