次回の企画展 Upcoming

荒木経惟 私、写真。 Nobuyoshi Araki

2017年12月17日(日)-2018年3月25日(日)
*年末休館:12月25日(月)−31日(日)
社会の注目を集め続ける写真家の荒木経惟(1940- )は、人、花、オブジェ、都市など、さまざまな被写体で、「生」の生々しさをそのままに写し出し、「生」が必然的に内包している「死」もまた捉えてきました。そして、質量ともに他を凌駕する荒木の写真は、荒木自身の「生」そのものであり、その意欲は今なお留まるところを知りません。本展では、これまでの膨大な写真のなかから、プリントへの着色やコラージュ、フィルムの腐食などによって生と死を強く意識させたり、反転、撹乱させる作品を中心に展示するとともに新作も多数出品し、荒木=写真をご覧いただきます。
荒木経惟「死現実」1997年
©Nobuyoshi Araki
courtesy of the artist and Yoshiko Isshiki Office, Tokyo
ページトップ