年間スケジュール Exhibition Timeline

◎2018年度に当館で開催する展覧会のスケジュール(予定)です。

荒井茂雄展 人生の詩 Shigeo Arai -Poems of Life

2018年4月14日(土)−7月1日(日)
会期中無休
長野県に生まれた荒井茂雄(1920- )は、幼い頃から絵を得意とし、同県上田市で友禅と日本画を学んだ後、猪熊弦一郎(1902-1993)に師事します。以降、洋画・日本画という区分や一つのスタイルにとらわれることなく、新たな表現への探求を続けてきました。そのいずれの時期においても、鮮やかな色彩を巧みに操る感覚や、素材やモチーフの意外な組み合わせ、日常の中にあるものへの新鮮なまなざしなど、猪熊の教えを受け継ぎつつ、荒井が確立した固有の精神が息づいています。本展は、その70年以上におよぶ画業を「第二の故郷」丸亀で一堂にご紹介する機会となります。

詳細
荒井茂雄《宇宙のリズム B》2011年 丸山晩霞記念館蔵

猪熊弦一郎展 風景、顔 Genichiro Inokuma-Landscapes, Faces

2018年7月14日(土)-9月30日(日)
会期中無休
猪熊弦一郎(1902−1993)は70年に及ぶ画業のなかでも、主に1970年代前半に発表した「Landscape」と題した抽象画と、「顔」をシンプルに描いた晩年の作品がよく知られています。「Landscape」は、1955年からニューヨークを拠点としていた約20年の間に得たテーマである「都市」から生まれた独自の抽象画として描いたもの、「顔」は、85歳で最愛の妻、文子を亡くした後に描き始め、画業の最後に具象も抽象も区別のない境地に至るきっかけとなった作品です。
本展ではこの二つの作品群を中心に、20代から折りに触れて描いた「風景」と「顔」の作品を出品します。「絵として美しい」ものを描くために余分なものをどんどん省きつつ、何ものにもとらわれずに描くようになっていった道程を、猪熊を代表する二つのモチーフを通してお楽しみください。

詳細
猪熊弦一郎《Faces 80》1989年 ©公益財団法人ミモカ美術振興財団
ページトップ