1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

親子向けワークショップ 「石内都 絹の夢」関連 親子のためのギャラリーツアー Gallery Tour for Family

Facebook

家族でおしゃべりしたり、クイズに答えたりしながら、企画展「石内都 絹の夢」を楽しみましょう。
小さなお子様をお連れの方も、当館の教育普及スタッフが作品をみるコツや美術館でのマナーをお話ししますので、お気軽にご参加ください。

日時:2012年10月13日(土)、11月10日(土)、12月15日(土) 各日11:00-12:00
場所:展示室内
対象:子どもと保護者
定員:各回20名
参加料:無料(保護者は観覧券が必要、高校生以下または18歳未満は無料です。)

*事前申込不要 当日1階受付前にお集まりください。

参加者数:10月13日(土)0名、11月10日(土)7名、12月15日(土)0名
見学者数:10月13日(土)0名、11月10日(土)0名、12月15日(土)0名

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団

1-10.「石内都 絹の夢」関連「親子のためのギャラリーツアー」の様子

【1】
最初に、スタッフ紹介と、美術館でのマナーについてお話ししました。みんなで気持ちよく作品を鑑賞するために必要なことを確認します。(画像1)

【2】
鑑賞するのは展覧会「石内都 絹の夢」です。写真家・石内都さんについて少しお話ししてから、早速作品をみていきます。最初のクイズは「これらは何を撮ったものか?」…すぐに「着物!」と答えてくれました。(画像2)

【3】
どんな色や柄があるかを確認してから、石内さんが注目した「銘仙」についてお話ししました。銘仙がかつてどのように着られていたか、おしゃれを楽しむ人々の姿を想像してみます。実際に銘仙を羽織り、軽くてあたたかい着心地を体感しました。(画像3-4)

【4】
次に、展示室にあるいろんな色や柄の銘仙の写真から、自分が着たいと思うものや、自分のお母さん・子どもに着せたいと思うものを選んでもらいました。それぞれに見つけたお気に入りを教えてもらい、どこが気に入ったかみんなでお話ししました。(画像5-6)

【5】
色鮮やかで美しい銘仙は、何から、どうやってできているのでしょう。カイコの繭から絹が作られる仕組みについて話を聞いた後、実際に繭を触ってみました。思ったより固かったり、小さかったり、みんな興味津々です。繭から糸をつくる機械の映像や写真をみて、着物を作るためにはたくさんの繭が必要だということを確認しました(画像7-9)

【6】
最後のクイズは、群馬県桐生市の風景の写真についてです。悩みましたが、みなさん正解!「銘仙」や「繭」以外の写真をみながら、日本における絹の歴史や石内さんが絹に興味を抱いたきっかけについてもお話ししました。展覧会や作品について、様々な視点から考えていただくきっかけとなったのではないでしょうか。(画像10)

企画展情報

石内都 絹の夢

関連プログラム

対談:石内都×黒川創(作家) 
2012年10月7日(日) 14:00-
「繭/絹/織-日本近現代史を語る」

作家によるギャラリー・トーク/サイン会
2012年12月1日(土) 14:00-
石内都(出品作家)本人が展示室内で作品や展覧会について語ります。終了後は写真集『石内都:絹の夢』刊行を記念し、サイン会を実施。

ドキュメンタリー映画『ひろしま 石内都・遺されたものたち』先行上映会+トークショウ
2012年12月2日(日) 15:00−
カナダのバンクーバーで開かれた、石内都の個展「ひろしま」を題材としたドキュメンタリー映画を上映します。上映終了後には監督リンダ・ホーグランドと石内都による対談も開催。

和服の日
2013年1月1日(火・祝)-1月6日(日) 和服でご来館の方は無料
松の内は和服で美術館へ。期間中、和服をお召しになってご来館された方は観覧無料になります。

対談:石内都×光田由里(美術評論家)
2013年1月6日(日) 14:00-
企画展「石内都 絹の夢」の最終日を飾るクロージングイベントとして、美術評論家 光田由里氏と出品作家による対談を行います。

キュレーターズ・トーク
会期中の毎日曜日 各日14:00- (ただし10月7日は除く)
※2013年1月6日(日)は「対談:石内都×光田由里」の実施が決まりましたので、キュレーターズ・トークは取り止めます。
本展担当キュレーター(松村円・中田耕市)が展示室にて展覧会の見どころをお話します。

ページトップ