1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

子ども~大人向けワークショップ 「あそびのつくりかた」関連(小沢剛) ふくろの国へようこそ、ふとんの山へようこそ Let's go into the "Fukuro-land", Welcome to the "Futon-mountain" !

Facebook

展示室で、巨大な「ふとん山」*を舞台に、紙袋を着たり履いたり被ったりして「ふくろ族」になってみよう!何の変哲もない紙袋が、鎧になったりトンネルになったり、宝物になったり…さあ、いったい、どんな物語が待っているのでしょうか?作家の小沢剛さんと一緒に想像をふくらませて、子どもも大人も、みんなでわくわく楽しむ体験型ワークショップです。

(*小沢剛 さんの出品作品《あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き》の通称です)

日時:2014年3月22日(土)〈午前の部〉10:00-12:00〈午後の部〉13:30-15:30
場所:2階造形スタジオ、3階展示室C
講師:小沢剛
対象:子どもから大人まで(未就学児は要保護者同伴、その場合保護者も参加者として要申込)
定員:各回20名
参加料:440円(高校生以下無料)
申込:必要
申込締切:3月12日(水) 必着

応募者数:〈午前の部〉178名、〈午後の部〉110名
参加者数:〈午前の部〉22名〈午後の部〉28名
見学者数:〈午前の部〉2名〈午後の部〉6名

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団

1-10.ワークショップ[ふくろの国へようこそ、ふとんの山へようこそ]の様子

◎材料・道具
紙袋(頭用、胴体用、ブーツ用)、ロール紙(紙袋電車用)、懐中電灯、ペン


◎レポート
【1】
講師の小沢剛さんの登場です。何やら楽しそうな帽子をかぶっていますね。ここはふくろの国、これから紙袋で帽子や服、ブーツを作ってふくろ族になり、ふとんの山へ行くというのです。ふくろ族にならないと、ふとんの山へは行けません。(画像1)

【2】
道具は一切使いません。やぶったり、ねじったり、折ったり。手だけを使ってつくります。(画像2)   
 
【3】
ふくろ族になったところで記念撮影。これからふとんの山へ出発進行!1階ゲートプラザや3階カスケードプラザを行進していると、美術館に来ていたお客さんもびっくりしていました。(画像3~5)

【4】
あれあれ、突然大きな紙袋電車の登場です。運転手は小沢さん。みんなも電車に乗って、いよいよふとんの山へ向かいます。(画像6)

【5】
気付けば、あたりは真っ暗。洞窟のように暗くなった電車の内側に、自分の好きな人の絵を描きます。懐中電灯の光でこっそり描く子もいれば、だいたんに描く子もいます。(画像7)

【6】
描けたら紙袋を突き破って外に出ます。なんともうここはふとんの山!トンネルの中で絵を描いていたんだね。(画像8)

【7】
よく見ると、大きなふとんの山の中に動くものが。ふとん山べえさんが隠れていました。ふとん山べえさんが言うには、このふとんの山の中に、誰かが描いた誰かの好きな人の絵ハガキが隠れているというのです。さっそくみんなで探しました。最後はふとんの山に登ったり滑ったりして、思いっきり楽しみました。(画像9~10)

企画展情報

あそびのつくりかた

関連プログラム

キュレーターズ・トーク
会期中の毎日曜日 各日14:00-(6月1日は除きます)
本展担当キュレーター(国枝かつら)が展示室にて展覧会の見どころをお話します。

祖父江慎トーク
2014年3月1日(土) 14:00-
常識を覆す冒険的かつ魅力溢れるデザインで注目を集め、本展印刷物や会場サインを手掛けるデザイナーの祖父江慎さんが「うまくいかないをあそぶ」秘訣をお伝えします。(内容は変更する場合があります)

「だるまさんがころんだ」: 発表
日時:2014年6月1日(日)14:00-15:00
5月31日にリハーサルをした「だるまさんがころんだ」
を、梅田さんと参加者(小・中学生)の共演によるパフォーマンス作品として発表します。どなたでもご覧いただけます。ぜひ見に来てください。(発表の観覧は申込不要です)

ワークショップ情報

モジャモジャ〜けむくじゃら隊!
2014年3月1日(土)・2日(日) 各日10:00-14:00
布やビニール・毛糸や紐を使って、”けむくじゃらコスチューム”を自由につくってみよう。できあがったらさっそく身につけて、大人も子どももみんなで《けむくじゃら隊》に仲間入り!あったかココアもご用意しています。
*事前申込は不要です。
*時間内ならいつでも参加できます。

ピッカリ電車で影の旅
2014年4月5日(土)〈午前の回〉10:00-12:00〈午後の回〉13:30-15:30
展示室でクワクボさんと一緒に作品を見たあと、LEDを乗せた鉄道模型を走らせて、いろんなものの影を映してみます。身近な素材の形から不思議な影が生み出される、発見がいっぱいの世界へ、旅に出てみましょう。
*お申し込み受付終了しました。

「あそびのつくりかた」関連(梅田哲也)
だるまさんがころんだ

リハーサル:2014年5月31日(土)13:30-15:30
発表:2014年6月1日(日)13:30-15:30
イヤホンからきこえる謎の話し声や音にあわせて、みんなでいっせいに動いたり、止まったり…。とつぜん始まって、とつぜん終わる。誰もが気づいていそうで、誰にも気づかれない。美術館の展示室の中で、そんな「ちょっと不思議な出来事が起こる瞬間」をつくってみましょう。
*ワークショップの参加お申し込み受付は終了しました。(6月1日の発表の観覧は申込不要です)

関連情報

ミモカキッズパスポート
ミモカでワークショップに参加すると、1回につきひとつスタンプを押してもらえます。スタンプを集めるとステキなプレゼントがもらえるよ!ワークショップに参加する時はぜひミモカキッズパスポートを持って来てください。
*まだミモカキッズパスポートを持っていない人は、最初に参加する時にもらってください。
*ミモカキッズパスポートは高校生以下が対象です。

ページトップ