中学生〜大人向けワークショップ「愛すべき世界」関連 ヒュアキントスについて考えながらヒヤシンスを描く Draw hyacinths thinking about "Hyacinthus"

Facebook

開催中の企画展「愛すべき世界」に関連して、出品作家のミヤギフトシさんを講師にお迎えし、ワークショップを開催します。
展示中のミヤギさんの作品には、重要な要素としてヒヤシンスが登場します。「ヒヤシンス」の名前のもととなった神話上の人物「ヒュアキントス」にまつわる神話や、ヒュアキントスの物語をモチーフにしたモーツアルトのオペラについてなど、ミヤギさんがお話します。お話の内容をもとに、ヒヤシンスとはどんなものなのか、じっくり想像して描いてみましょう。最後に、みんなで描いた絵についてお話しましょう。
当日の様子は、今後ミヤギさんの作品の一部になるかも!!

※ワークショップの様子や描いた作品などが、今後ミヤギフトシ氏の映像作品に使用される場合があります。
※使いたい画材がある方はご持参いただけます。ただし、油絵具など乾きづらいものはご遠慮ください。当館でも各種画材をご用意しています。画材についてご相談のある方はお気軽にご連絡ください。

日時:2016年2月27日(土) 13:30-15:30
場所:2階造形スタジオ
講師:ミヤギフトシ
対象:中学生~大人
定員:20名
参加料:無料
申込:必要
申込締切:2016年2月24日(水)必着 
*終了しました

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
助成:一般財団法人自治総合センター、芸術文化振興基金、公益財団法人 花王 芸術・科学財団

1-3. ミヤギフトシ《花の名前》2015年 ⓒ Futoshi Miyagi

ミヤギ フトシ
1981年沖縄生まれ。東京在住。20歳のときにアメリカに渡り、NYのプリンテッドマターに勤務しながら自身の作家活動を開始する。帰国後、青山のセレクトブックショップ「ユトレヒト」やアートブックフェア「THE TOKYO ART BOOK FAIR」のスタッフとしても活動しながら、創作を続ける。そのほかユリイカ、新潮、すばるなど文芸誌等へも寄稿をしている。主な展覧会に個展「American Boyfriend: Bodies of Water」@KCUA、堀川団地(2014)、グループ展に「他人の時間|TIME OF OTHER」東京都現代美術館、他3館巡回(2015~2016)、「日産アートアワード」BankART Studio NYK(2015)などのほか3月からはじまる「六本木クロッシング」森美術館(2016)にも参加が決まっている。

企画展情報

愛すべき世界

関連プログラム

作家によるギャラリー・トーク
日時:12月20日(日) 14:00−
講師:鷹野隆大、丹羽良徳、ミヤギフトシ(予定、いずれも本展出品作家)
終了しました。
本展出品作家が展示室で自らの作品について話します。

キュレーターズ・トーク
日時:会期中の日曜日(2015年12月20日はのぞく)14:00-
*2016年3月13日(日)は関連イベント開催のため中止します。
担当キュレーターが展覧会をご案内します。

「大人の事情を再演する」
2016年3月13日(日)15:00−
丹羽良徳の作品《より若い者がより歳をとった者を教育する》に関連したパフォーマンスをおこないます。どなたでもご覧いただけますので、ぜひご来場ください。

ワークショップ情報

写真を見る、写真を撮る
①2016年1月30日(土)②2016年1月31日(日)
各日10:00~15:30〔途中休憩を含む〕
終了しました。
開催中の企画展「愛すべき世界」に関連して、出品作家の鷹野隆大さんを講師にお迎えし、写真のワークショップを開催します。
はじめに参加者同士で互いに写真を撮影した後、その写真を鷹野さんと一緒にじっくりと見ていきます。初めて知る相手を皆さんはどのように見て、どのように撮影したのか、写真から読み取っていきます。

ページトップ