2016年開催公募展「第3回 みんなで選ぶミモカアート賞」大賞受賞展 東條裕志 作品展 ガラスに刻む生命 Hiroshi Tojo : Solo Show

Facebook

会期:2017年6月17日(土)-6月23日(金) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 2階造形スタジオ

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団

観覧料:無料

◎概要
本展は、昨年に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(ミモカ)の開館25周年を記念して開催した公募展「第3回みんなで選ぶミモカアート賞」にて、ご来場のみなさまの投票の結果みごと「ミモカアート大賞」に選ばれた東條裕志さんによる個展です。大賞受賞作品《彫刻硝子 ひまわり・ひまわり》を含む、初期から近年の作品まで花器・鏡・グラスなど100点以上の彫刻硝子作品を展示します。

1. 《彫刻硝子 ひまわり・ひまわり》2009年
2. 《彫刻硝子大皿 向日葵》2014年
3. 《彫刻硝子花器 群虫図》2016年

◎作家プロフィール
東條裕志(とうじょう・ひろし)
1969年香川県丸亀市生まれ。2006年サンドブラストによる硝子彫刻を始める。現在丸亀市在住。善通寺市にアトリエを構えて制作している。個展多数開催。国内外の公募展での受賞多数。
2007年 第1回硝子彫刻展・優秀賞受賞(日本サンドブラスト工芸協会主催)
2008年 第73回香川県美術展覧会・入選(2011年同展入選)
2011年 第54回伝統工芸四国展・奨励賞受賞
2016年 第48回欧美国際公募 コルシカ美術賞展・優秀賞受賞
      第17回日本・フランス現代美術世界展・優秀賞受賞
     第52回神奈川県美術展・入選
     第3回みんなで選ぶミモカアート賞・大賞受賞
◎作家のコメント
 硝子彫刻を始めた2006年の作品から最近の作品まで、国内外の公募展にて発表した作品を含む、花器・鏡・グラスなど100点以上を展示します。作品がどのように変化していったのかをご覧いただき、自由に感じていただければ幸いです。
 タイトルの「ガラスに刻む生命(いのち)」は、私の作品作りにおける永遠のテーマですが、ガラスを彫っている時は意識していません。ただただ、ガラスと向き合い、己と向き合い、ひとつひとつ丁寧に制作しています。結果、命が宿る作品になれば本望です。それが私にとっての「ガラスに刻む生命(いのち)」です。
ページトップ