荒井茂雄展 人生の詩 Shigeo Arai -Poems of Life

会期:2018年4月14日(土)−7月1日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
◎観覧料
一般950円(760円)、大学生650円(520円)、高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※同時開催常設展「猪熊弦一郎展のおもちゃ箱」観覧料を含む
長野県に生まれた荒井茂雄(1920- )は、幼い頃から絵を得意とし、同県上田市で友禅と日本画を学んだ後、猪熊弦一郎(1902-1993)に師事します。以降、洋画・日本画という区分や一つのスタイルにとらわれることなく、新たな表現への探求を続けてきました。そのいずれの時期においても、鮮やかな色彩を巧みに操る感覚や、素材やモチーフの意外な組み合わせ、日常の中にあるものへの新鮮なまなざしなど、猪熊の教えを受け継ぎつつ、荒井が確立した固有の精神が息づいています。本展は、その70年以上におよぶ画業を「第二の故郷」丸亀で一堂にご紹介する機会となります。
荒井茂雄《宇宙のリズム B》2011年 丸山晩霞記念館蔵

猪熊弦一郎展 風景、顔 次回展 Genichiro Inokuma-Landscapes, Faces

会期:2018年7月14日(土)-9月30日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
猪熊弦一郎(1902−1993)は70年に及ぶ画業のなかでも、主に1970年代前半に発表した「Landscape」と題した抽象画と、「顔」をシンプルに描いた晩年の作品がよく知られています。「Landscape」は、1955年からニューヨークを拠点としていた約20年の間に得たテーマである「都市」から生まれた独自の抽象画として描いたもの、「顔」は、85歳で最愛の妻、文子を亡くした後に描き始め、画業の最後に具象も抽象も区別のない境地に至るきっかけとなった作品です。
本展ではこの二つの作品群を中心に、20代から折りに触れて描いた「風景」と「顔」の作品を出品します。「絵として美しい」ものを描くために余分なものをどんどん省きつつ、何ものにもとらわれずに描くようになっていった道程を、猪熊を代表する二つのモチーフを通してお楽しみください。
猪熊弦一郎《Faces 80》1989年 ©公益財団法人ミモカ美術振興財団

常設展 猪熊弦一郎展 Collection on View

猪熊弦一郎のおもちゃ箱
会期:2018年4月14日(土)-7月1日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
画家、猪熊弦一郎(1902-93)を紹介する同タイトルの書籍にちなんだ展覧会です。代表的な絵画作品に、ガラクタをアレンジした小さなオブジェ、無心に描いたスケッチブック、センスあふれる収集品などを織り交ぜ、猪熊の生涯を展観します。
書籍『猪熊弦一郎のおもちゃ箱 やさしい線』(小学館 2018年2月発行)
こどもミモカ こどもたちに美術を楽しんでもらうためのプログラムを実施中
MIMOCA FRIEND(ミモカフレンド) 特典多数 入会受付中

ニュース

月間スケジュール 年間スケジュール

株式会社有高扇山堂
今治造船株式会社丸亀事業本部
大倉工業株式会社
四国化成工業株式会社
四国塗装工業株式会社
第二建築株式会社
株式会社百十四銀行丸亀支店
平和写真印刷株式会社
丸亀商工会議所
株式会社ミリー

現在の法人会員様(50音順、敬称略)

※MIMOCAの活動は、MIMOCA FRIENDにご支援いただいております

MIMOCAメールニュース ご登録はこちら Twitter Follow Us Find us on Facebook

イベント

いのくまさんの日

2018年5月〜11月までの毎月第1日曜日
5月6日(日)、6月3日(日)、7月1日(日)
8月5日(日)、9月2日(日)、10月7日(日)、11月4日(日)
第1日曜日は「いのくまさんの日」。
MIMOCAに気軽に訪れていただけるようなプログラムでみなさまをお待ちしています。
お子様連れ、ご家族、ご友人同士でぜひお越しください! 詳細

「猪熊弦一郎のおもちゃ箱」関連プログラム キュレーターズ・トーク

会期中(2018年4月14日-7月1日)の第1日曜日 15:00-
本展担当キュレーター(古野華奈子)とお話しながら一緒に作品を鑑賞しましょう。 詳細

「荒井茂雄展 人生の詩」関連プログラム キュレーターズ・トーク

2018年5月6日(日)、6月3日(日)、7月1日(日) 
各日14:00〜
本展担当キュレーター(高木瑞季)が展覧会をご案内いたします。出品作品について、感想や意見などを一緒に話しながら鑑賞しましょう。 詳細

常設展「美術館は心の病院 猪熊弦一郎とMIMOCA」
関連プログラム
キュレーターズ・トーク

2018年8月5日(日)、9月2日(日) 15:00−
本展担当キュレーターとお話しながら一緒に作品を鑑賞しましょう。 詳細

「猪熊弦一郎展 風景、顔」関連プログラム キュレーターズ・トーク

2018年8月5日(日)、9月2日(日) 14:00−
本展担当キュレーターと一緒にお話をしながら作品を鑑賞しましょう。 詳細

丸亀どこでもMIMOCA

2018年度上半期:2018年4月12日(土)-9月30日(日)
丸亀市に在住あるいは勤務の方を含む概ね3名以上が集まれば、ミモカの学芸員が出張訪問し、美術や美術館の楽しみかたなど、さまざまなテーマでお話しします。 詳細

丸亀ここがMIMOCA

期間:2018年4月14日〜2019年3月31日の毎日(12月25日〜31日の年末休館中は除く)
時間:10時30分〜12時、13時〜16時30分 (11月30日(金)まで。12月1日(土)以降は未定。)
小さな子どもから大人まで、より多くの人にMIMOCAを楽しんでいただけるよう、今年度から新しく「丸亀ここがMIMOCA」を始めます。さまざまなプログラムをご用意して、みなさまのお越しをお待ちしています。 詳細

ワークショップ

ワークショップ丸亀ここがMIMOCA キッズデイ 見よう話そう!ちびっこアートツアー

2018年7月21日(土)-7月22日(日) 各日①10:00-11:00 ②13:30-14:30
「猪熊弦一郎展 風景、顔」展(7/14~9/30開催)を鑑賞します。
①子どもと美術館スタッフ、また保護者も一緒に話しながら楽しく絵を見ましょう。
②美術館スタッフが子どもに意見を聞いたり、話し合いができるような言葉かけをしつつ絵を見ます。
自分で感じたことや思ったことなどを言葉にしながら、楽しく鑑賞しましょう。
詳細

子ども~大人向けワークショップ夏休みオープンワークショップ 光で変身!ピカッとオブジェ

2018年7月26日(木)-27日(金)
<午前の回>10:00-12:00<午後の回>13:30-15:30
押すと光るライトに、ペットボトルやカラーセロハンなど光に透ける素材を組み合わせて、光るオブジェをつくりましょう。いろんな色に光ったり、かっこいい影ができたり・・・。キミのオブジェはどんなふうに変身するかな?
ボランティアスタッフ募集中! 詳細

子ども~大人向けワークショップ夏休みオープンワークショップ 絵を見て描こう!スケッチに挑戦

2018年8月12日(日) 10:00-16:00(最終受付15:00)
いのくまさんの絵をよ〜く見ながら、鉛筆でスケッチします。スケッチできたら、絵具やクレヨンなどで色を塗ったり、模様を描いたりします。いのくまさんが描いた作品と、自分らしい表現を組み合わせて、ミモカでしか描けない絵を描きましょう!
ボランティアスタッフ募集中! 詳細

親子向けワークショップ丸亀ここがMIMOCA キッズデイ 貼って遊ぼう
ぺたぺた!おさかなワールド

2018年8月18日(土)-8月19日(日) 各日10:00-11:30
部屋いっぱいに貼られた大きなおさかなたちに、ビニールや色画用紙、いろいろな色や大きさの○△□の紙をぺたぺたくっつけて、楽しいおさかなワールドをつくりましょう!自分で好きなかたちを組み合わせて新しいなかまをつくることもできます。
ボランティアスタッフ募集中! 詳細

親子向けワークショップ丸亀ここがMIMOCA キッズデイ 遊ぼう!水彩絵具と土ねんど

2018年10月20日(土)-10月21日(日) 各日10:00-11:30
タテ1メートル、ヨコ10メートルの長~い紙に、白・赤・黄・青の水彩絵具でいろんな色をつくって、自由に絵を描こう!手触りのよい土ねんどでも遊べるよ。何度来ても楽しめる、定番人気のワークショップです。
ボランティアスタッフ募集中! 詳細
ページトップ