愛すべき世界 Our Beloved World

会期:2015年12月20日(日)-2016年3月27日(日) *年末休館:12月25日-31日
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
◎観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円) 高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*同時開催の常設展「猪熊弦一郎展」の観覧料を含む
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金
私たちが日々を送るこの世界。ともすれば背を向けてしまいそうになる問題が山積するなかで、これからも長くこころよく生きていくためには、世界と真摯に向き合い、穏やかな変化の道筋を開こうとする姿勢が大切ではないでしょうか。本展では、4人の作家それぞれが自らの立つ場所を見つめ、そこにある課題を自分のものとして深く考えることから生み出した作品を紹介します。それらは物事に対する姿勢のあり方を提示し、さらに半歩先の社会を照らしてくれます。かすかな希望の兆しを内包したこれらの作品は、一人ひとりが身の回りを取り巻く現状を認識し、わずかずつでも変化させていく契機となり、未来の柔軟な社会へとつなげてくれることでしょう。
鷹野隆大《15.04.17.#e37》2015年(「毎日写真」より)
Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon ©Ryudai Takano

猪熊弦一郎展 「私の履歴書」|前編 次回展 絵には勇気がいる Genichiro Inokuma—My Resume

会期:2016年4月6日(水)-6月30日(木) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
1979年1月、日本経済新聞の人気コラム「私の履歴書」で、猪熊弦一郎(1902−93)が自身の半生を綴りました。香川ののどかな土地で育った子どもが広い世界に飛び出し、様々な人と出会いながら、切磋琢磨し、画家としての自己を確立していく過程が、軽快な語り口で書かれています。本展ではこの自伝をもとに、前編、後編の二期にわけて、エピソードにまつわる作品や資料等によって猪熊の生涯と画業をご紹介いたします。前編となる今展では、幼少期から中学、美術学校を経て、30代後半のパリ遊学時代までを展観します。
猪熊弦一郎《マドモアゼルM》1940年
©公益財団法人ミモカ美術振興財団

常設展 猪熊弦一郎展 Collection on View

ハワイ時代の変遷
会期:2015年12月20日(日)-3月27日(日) *年末休館:12月25日-31日
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
猪熊は1975年から東京とハワイを活動の拠点とし、1993年に90歳で亡くなるまで精力的に活動しました。70歳を過ぎてなお新しい表現に挑み続けた画家の、エネルギーに満ちた様々な作品をご紹介します。
猪熊弦一郎《通信衛星》1986年
©公益財団法人ミモカ美術振興財団
こどもミモカ こどもたちに美術を楽しんでもらうためのプログラムを実施中
MIMOCA FRIEND(ミモカフレンド) 特典多数 入会受付中

ニュース

月間スケジュール 年間スケジュール
2016.01.26
【交通規制のお知らせ】2016年2月7日(日)は、香川丸亀国際ハーフマラソン大会の開催に伴い、県道33号線と国道11号線の一部が時間によって通行止めとなります。
2016.01.20
平成28年度 博物館実習受け入れについて
2016.01.05
教員向け研修会開催のお知らせ 1月 14日・15日・16日開催
2015.12.05
【臨時休館のお知らせ】12月14日(月)から19日(土)まで、全館展示替えのため臨時休館いたします。12月20日(日)より次回企画展「愛すべき世界」及び常設展「猪熊弦一郎展 ハワイ時代の変遷」を開催します。
2015.12.05
【3階展示室休室のお知らせ】12月7日(月)から13日(日)まで、展示替えのため3階展示室を休室いたします。2階展示室で開催中の常設展「猪熊弦一郎展」はご観覧いただけます。
2015.10.29
【開館記念日】2015年11月23日(月・祝)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館は、開館24周年を迎えます。開館記念日は今年もイベント盛りだくさん!誕生日ムードのミモカで、一日たっぷり楽しい時間を満喫しましょう。24歳になるミモカを、これからもどうぞよろしく!
2015.10.14
【ボランティア募集】2015年度開館記念日ワークショップ「ぐるっとミモカ クイズ&ゲーム」をお手伝いいただける方を募集しています。*申し込みを締め切りました。
2015.10.10
教員向け研修会開催のお知らせ 10月 8日・9日・10日開催
2015.09.29
【ボランティアスタッフ募集】10月24日(土)開催のライブイベント SKY vol.17『原田知世 歌と朗読の会「on-doc.(オンドク)」 vol.24』の運営をお手伝いいただける方を募集しています。
2015.09.15
【臨時休館のお知らせ】9月28日(月)から10月2日(金)まで、展示替えのため臨時休館いたします。10月3日(土)より次回企画展「猪熊弦一郎展 みんなで伝える、好きになる」及び常設展を開催します。

今治造船株式会社
大倉工業株式会社
株式会社都村製作所
四国化成工業株式会社
四国塗装工業株式会社
第二建築株式会社
平和写真印刷株式会社
丸亀商工会議所

現在の法人会員様(50音順、敬称略)

※MIMOCAの活動は、MIMOCA FRIENDにご支援いただいております

MIMOCAメールニュース ご登録はこちら Twitter Follow Us Find us on Facebook

イベント

「愛すべき世界」関連プログラム キュレーターズ・トーク

日時:会期中の日曜日(12月20日はのぞく)14:00-
担当キュレーターが展覧会をご案内します。 詳細

パフォーマンス・プロジェクト  PLAY vol.2 塚原悠也 <ヌカムリ・ジャミポスをめぐる21世紀の身体論>
シリーズ第2弾
「悲しみのロスト・ボディ・パーツを掻き混ぜろ!!!編」

2016年2月13日(土)14:30開場/15:00開演
【上演作品】
「自分よりも遅いドライバーは一人残らず間抜けで、自分よりも速いドライバーはみんな偏執狂。」

「人類のためではないフューチャーポルノと、その作り方。」

PLAY vol.2では、vol.1から続く、塚原の盟友メコン・タイガーによるテキストを下地につくる「ヌカムリ・ジャミポスをめぐる21世紀の身体論」シリーズ第2弾「悲しみのロスト・ボディ・パーツを掻き混ぜろ!!!編」をお届けします。丸亀に滞在して制作するパフォーマンスを、2月14日(土)に、2階造形スタジオで上演します。 詳細

丸亀どこでもMIMOCA あなたの場所でミモカを知ろう

丸亀市に在住あるいは勤務の方を含む10名以上が集まれば、ミモカの学芸員が出張訪問し、「MIMOCA」、「猪熊弦一郎」、「開催中の企画展」のテーマでレクチャーを行います。 詳細

ワークショップ

ワークショップ中学生〜大人向けワークショップ「愛すべき世界」関連 ヒュアキントスについて考えながらヒヤシンスを描く

2016年2月27日(土) 13:30-15:30
開催中の企画展「愛すべき世界」に関連して、出品作家のミヤギフトシさんを講師にお迎えし、ワークショップを開催します。
展示中のミヤギさんの作品には、重要な要素としてヒヤシンスが登場します。「ヒヤシンス」の名前のもととなった神話上の人物「ヒュアキントス」にまつわる神話や、ヒュアキントスの物語をモチーフにしたモーツアルトのオペラについてなど、ミヤギさんがお話します。お話の内容をもとに、ヒヤシンスとはどんなものなのか、じっくり想像して描いてみましょう。最後に、みんなで描いた絵についてお話しましょう。当日の様子は、今後ミヤギさんの作品の一部になるかも!!
*参加申込受付中です
詳細

ワークショップ貼って遊ぼう ぺたぺた!じぶんのかたち

2016年3月20日(日)-21日(月・祝) 各日10:00-11:30
大きな紙にじぶんの全身のりんかくをうつしとったら、 そのかたちの中に、いろいろな色や大きさの○△□の 紙をぺたぺたくっつけたりクレヨンで絵を描いたり...。「じぶんのかたち」をキャンバスにして、色や形で 遊んでみましょう! 詳細
ページトップ