鈴木理策写真展 意識の流れ Risaku Suzuki - Stream of consciousness

会期:2015年2月1日(日)-5月31日(日) 会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円) 高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金。
*常設展「猪熊弦一郎展 未知へ向かう悦び」の観覧料を含みます。
鈴木理策(1963−)の新作及び未発表作を中心に、写真作品約100点と映像作品3点をご紹介いたします。8×10インチフィルムを使用する大型カメラで撮影された精緻な写真群が、みなさまを純粋に「見る」ことへと誘います。目の前の写真と対峙し、そこに留められた多くのものを意識することで、鈴木が「見た」時間を追体験し、見ることのみずみずしさをあらためて知ることとなるでしょう。
鈴木理策《Étude 10,F-5》2010年
©Risaku Suzuki / Courtesy of Gallery Koyanagi

マルティーノ・ガンパー 
100日で100脚の椅子 次回展
Martino Gamper 
100 Chairs in 100 Days

会期:2015年6月13日(土)-9月23日(水・祝) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
マルティーノ・ガンパー(1971年イタリア出身、ロンドン在住)は、美術とデザインの領域を越えて活動を続け、「100 Chairs in 100 Days(100日で100脚の椅子)」は2007年に発表され大きな話題となります。ロンドンの路地や友人の家から使われなくなった椅子を集めて組み立て直し、1日1脚、100日で100脚の詩的でユーモア溢れる椅子がつくられました。椅子の歴史を参照しながらも、既成の枠にとらわれず即興的に制作された99脚の椅子は世界各地を巡回し、100脚目の椅子はそれぞれの場所で新たに制作されています。本展でも、丸亀の椅子を使って制作されるオリジナルの100脚目の椅子が展示されます。国際的に高い注目を集めるマルティーノ・ガンパーの、日本初個展となります。
Installation View: Triennale Design Museum, Milano, 2009
Photo: Åbäke/ Martino Gamper

常設展 猪熊弦一郎展 Collection on View

未知へ向かう悦び
会期:2015年2月1日(日)-5月31日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
猪熊弦一郎(1902-1993)は香川県で生まれ少年時代を過ごし、その後、東京、パリ、ニューヨーク、晩年は東京とハワイを行き来して作品を制作しました。本展では、猪熊の70余年に及ぶ画業における大きな特徴のひとつである、一定の型にとどまらず作品がどんどん変化し続けたという点に注目し、初期から晩年までの作品を展示します。
《自画像》1921年
©公益財団法人ミモカ美術振興財団
こどもミモカ こどもたちに美術を楽しんでもらうためのプログラムを実施中
MIMOCA FRIEND(ミモカフレンド) 特典多数 入会受付中

ニュース

月間スケジュール 年間スケジュール
2015.03.22
ウェブショップでの「クロネコメール便」廃止のお知らせ
2015.03.20
公益財団法人ミモカ美術振興財団職員を募集しています。
2015.03.18
【ボランティア募集中】5月3日(日・祝)・4日(月・祝)開催ワークショップ「オリジナルスタンプでつくろう! 世界にひとつのマイグッズ」にご協力いただける方を募集しています。みなさまのご参加、心よりお待ちしています。
2015.03.16
平成27年度 博物館実習受け入れについて *間もなく受付締切です。
2015.03.15
【ワークショップ情報】現在開催中の企画展「鈴木理策写真展 意識の流れ」出品作家の鈴木理策さんと、鈴木さんと親交のある作家の鷹野隆大さんを講師にお迎えして、写真のワークショップをおこないます。(対象:中学生以上)
2015.02.17
【レクチャー】2015年2月28日(土)14:00-16:30『MIMOCAスクールプログラム講演会 鑑賞からまなぶこと』を開催いたします。入場無料。参加申込受付中です。
2015.02.01
2月1日より「鈴木理策写真展 意識の流れ」を開催いたします。なお展覧会初日の2月1日は香川丸亀国際ハーフマラソンのため丸亀市内で交通規制が行われますので、お車でお越しのお客様はご注意ください。交通規制情報
2015.01.19
【お知らせ】本日2月19日(月)から2月25日(日)まで、常設展「猪熊弦一郎展 純粋な芸術を求めて」のみ開催しています。渡仏前の猪熊弦一郎の作品をご紹介しています。どうぞご来館ください。
2015.01.18
2月1日より、平成27年度博物館実習応募書類の受付を開始いたします。締切は3月31日必着です。
2014.12.03
【教えてください あなたの「猪熊エピソード」】2015年の秋に開催する企画展『猪熊弦一郎展 ちかづく・つたわる・すきになる(仮称)』に関連し、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館では、皆様の「猪熊エピソード」を募集しています。

今治造船株式会社
大倉工業株式会社
株式会社都村製作所
後藤会計事務所
四国化成工業株式会社
四国塗装工業株式会社
第二建築株式会社
平和写真印刷株式会社
丸亀商工会議所

現在の法人会員様(50音順、敬称略)

※MIMOCAの活動は、MIMOCA FRIENDにご支援いただいております

MIMOCAメールニュース ご登録はこちら Twitter Follow Us Find us on Facebook

イベント

「鈴木理策写真展 意識の流れ」関連プログラム 濱口祐自ライブ

2015年3月28日(土)19:00開演
*ウェブサイトでの受付は締切ました。美術館受付では引き続き販売中です。
熊野が生んだ話題のギタリスト、濱口祐自が、同じ熊野出身の鈴木理策の作品に囲まれてライブを行います。濱口と鈴木のアフタートークもあります。 詳細

教えてください あなたの「猪熊エピソード」

エピソード募集期間:2014年11月23日(日・祝)-2015年8月9日(日)必着
2015年秋に開催する企画展『猪熊弦一郎展 ちかづく・つたわる・すきになる(仮称)』に関連し、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館では、皆様の「猪熊エピソード」を募集しています。約1年間かけて皆様のエピソードをいただき、「猪熊さんのことをみんなですこしずつ伝えあって、もっと好きになる。」そんな展覧会をつくりあげていきます。ぜひ、あなたの記憶のなかの「猪熊弦一郎に関すること」を教えてください。 詳細

「鈴木理策写真展 意識の流れ」関連プログラム キュレーターズ・トーク

展覧会会期中の毎日曜日/14:00−
他の関連プログラム開催時を除きます。
本展担当キュレーターが 展覧会の見どころをお話しします。 詳細

丸亀どこでもMIMOCA あなたの場所でミモカを知ろう

丸亀市に在住あるいは勤務の方を含む10名以上が集まれば、ミモカの学芸員が出張訪問し、「MIMOCA」、「猪熊弦一郎」、「開催中の企画展」のテーマでレクチャーを行います。10名以上でご来館の際のギャラリートークも受付しています。 詳細

「マルティーノ・ガンパー 100日で100脚の椅子」
アーティスト・トーク

2015年6月14日(日)15:00-
作家のマルティーノ・ガンパーが、作品や制作活動について語ります。 詳細

ワークショップ

親子向けワークショップ貼って遊ぼう ぺたぺた!じぶんのかたち

2015年3月28日(土)-29日(日) 各日10:00-11:30
大きな紙にじぶんの全身のりんかくをうつしとったら、 そのかたちの中に、いろいろな色や大きさの○△□の 紙をぺたぺたくっつけたりクレヨンで絵を描いたり...。「じぶんのかたち」をキャンバスにして、色や形で 遊んでみましょう! 詳細

ワークショップ中学生〜大人向けワークショップ
「鈴木理策写真展 意識の流れ」関連
写真から生まれる言葉を探して

①2015年4月18日(土) 中学生・高校生向け/ ②2015年4月19日(日)18歳以上(高校生を除く)
各日13:00-17:00
現在開催中の企画展「鈴木理策写真展 意識の流れ」出品作家の鈴木理策さんと、鈴木さんと親交のある作家の鷹野隆大さんを講師にお迎えし、写真のワークショップをおこないます。
*お申し込み受付中です。 詳細

子ども~大人向けワークショップオリジナルスタンプでつくろう!
世界にひとつのマイグッズ

2015年5月3日(日・祝)・4日(月・祝) 
各日11:00-16:00 *最終受付15:30
スポンジシートを、はさみで好きな形に切ってオリジナルスタンプをつくろう。無地のバッグやハンカチなどから気に入ったアイテムを選んで自分のつくったスタンプをポンポン押せば、世界にひとつのマイグッズの完成!
*ワークショップのボランティアを募集しています! 詳細

親子向けワークショップ遊ぼう!水彩絵具と土ねんど

2015年5月16日(土)-17日(日) 各日10:00-11:30
タテ1メートル、ヨコ10メートルの長~い紙に、白・赤・黄・青の水彩絵具でいろんな色をつくって、自由に絵を描こう!手触りのよい土ねんどでも遊べるよ。何度来ても楽しめる、定番人気のワークショップです。 詳細
ページトップ