金氏徹平のメルカトル・メンブレン Teppei Kaneuji's "ZONES"

会期:2016年7月17日(日)-11月6日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
*8月27日(土)は21:00まで開館(入館は20:30まで)
◎観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円) 高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*同時開催の常設展及び特別展示の観覧料含む。
*( )内は前売及び20名以上の団体料金。「瀬戸内国際芸術祭2016」夏及び秋会期中、パスポートをお持ちの方も( )内の料金でご覧いただけます。
*8月20日(土)、21日(日)は1階ゲートプラザにて「まるがめ婆娑羅まつり」開催のため観覧無料(当日は展示室内に音が響く場合があります)。
金氏徹平(1978年生まれ、京都府在住)は身のまわりの事物を素材に、部分を切り抜き、繋ぎ合わせることで、既存の文脈を読み替えるコラージュ的手法を用いて作品を制作しています。国内では7年ぶりの大規模な個展となる本展では、展示空間を活かした大型インスタレーションを含む新作を中心に構成するとともに、コラージュのメカニズムの延長として「他者」との接続から制作の方法論を探り、あたらしい彫刻のあり方をこころみます。

常設展 猪熊弦一郎展 Collection on View

猪熊弦一郎展 ニューヨークでの制作ーデザイン・壁
会期:2016年7月17日(日)-11月6日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
◎観覧料:一般 300円(240円) 大学生 200円(160円)
高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

*( )内は20名以上の団体料金
*特別展示「ホンマタカシ《三越包装紙》」観覧料を含む
*同時開催企画展「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」観覧料は別途
*8月20、21日は「まるがめ婆娑羅まつり」開催のため観覧無料
1955年から1975年までのニューヨーク滞在中に猪熊弦一郎が手がけた、企業の包装紙やテキスタイルなどのデザイン、店舗装飾など、画家としての感性を生かした仕事をご紹介します。あわせて猪熊がデザインした三越の包装紙「華ひらく」をモチーフに、今年の春、写真家ホンマタカシが撮影した新作《三越包装紙》も特別展示します。
また、猪熊は汚れや落書きのあるニューヨークの壁に優れたセンスを感じ、何枚も撮った写真を機会があるごとに友人たちに見せていました。1960年前後に制作された作品は、ニューヨークの壁が影響したかのような、ざらっと荒れた画面、しぶきや落書きのようにも見える筆さばきが特徴的です。どうぞご覧ください。
猪熊弦一郎《黄色の反響》1960年
©公益財団法人ミモカ美術振興財団
こどもミモカ こどもたちに美術を楽しんでもらうためのプログラムを実施中
MIMOCA FRIEND(ミモカフレンド) 特典多数 入会受付中

ニュース

月間スケジュール 年間スケジュール

今治造船株式会社
大倉工業株式会社
株式会社都村製作所
四国化成工業株式会社
四国塗装工業株式会社
第二建築株式会社
平和写真印刷株式会社
丸亀商工会議所

現在の法人会員様(50音順、敬称略)

※MIMOCAの活動は、MIMOCA FRIENDにご支援いただいております

MIMOCAメールニュース ご登録はこちら Twitter Follow Us Find us on Facebook

イベント

「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」
まちなか展示プログラム
丸亀の街のZONESのholes

2016年7月17日(日)-11月6日(日)
丸亀のまちなかに金氏徹平の作品を展示します。 詳細

特別展示 ホンマタカシ《三越包装紙》

2016年7月17日(日)-11月6日(日)
会期中無休
猪熊弦一郎がデザインした三越の包装紙「華ひらく」をモチーフに、この春、ホンマタカシが撮り下ろした新作《三越包装紙》を、常設展示室内にてご紹介します。 詳細

「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」 キュレーターズ・トーク

日時:会期中の毎日曜日/14:00−
本展担当キュレーターが展覧会の見どころをお話しします。 詳細

鑑賞教育について考える会 10代向け作品鑑賞会

日時:2016年8月18日(木)-8月30日(火) 時間は各日異なる
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 2階展示室A・B 3階展示室C
料金:無料
申込:要・各回当日まで申し込み受付
中高生または同じ年代にあたる12〜18歳の方を対象に、鑑賞会を開催します。 詳細

「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」
プロジェクションマッピング
holes and buildings(MARUGAME) 金氏徹平x青柳いづみx山田晋平

2016年8月27日(土) 19:30-21:00
金氏徹平、舞台映像デザイナーの山田晋平、女優の青柳いづみによるプロジェクションマッピング を1階ゲートプラザにて開催します。 詳細

「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」
ライブパフォーマンス
タイチのためのスカルプチャー 金氏徹平×オオルタイチ

2016年10月8日(土) 15:00
展示室内でオオルタイチによるライブパフォーマンスを行います。 詳細

「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」
クロージングパフォーマンス
スカルプチャーのオバケ
(積み木、雪だるま、バリケード)
金氏徹平 x contact Gonzo

2016年11月6日(日) 15:00-
「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」のクロージングイベントとして、金氏徹平とcontact Gonzoが展示室でパフォーマンスを行います。 詳細

開館25周年記念日【祝・開館25周年】
あなたとミモカの写真を大募集!

募集締切:2016年8月28日(日) 《必着》ご応募受付中です!
今年の11月23日(水・祝)に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(ミモカ)は開館25周年を迎えます。このスペシャルな日に向けて、みなさんと一緒にお祝いムードを盛り上げていくために、「あなたとミモカの写真」を募集します!ご応募いただいた写真は、開館記念日当日、館内に掲示します。みなさんの写真で、ミモカの誕生日を一層盛り上げませんか?さらに、ご応募いただいた中から選ばれた写真をもとに、開館記念日を告知するチラシをつくります。あなたの写真が、ミモカの25歳のお祝いの「顔」になるかもしれません。開館したての頃に撮影した1枚、友人たちと撮った1枚、ふらっと訪れて撮影した1枚など、ミモカと一緒に人が写っている写真であれば結構です。たくさんのご応募をお待ちしています。
詳細

開館25周年記念日【祝・開館25周年】 公募展 第3回みんなで選ぶミモカアート賞

応募締切:2016年9月23日(金)《必着》ご応募受付中です!
2016年10月14日(金)から11月27日(日)にかけて丸亀市内3か所を巡回する公募展「第3回みんなで選ぶミモカアート賞」を開催します。みなさまのご応募をお待ちしています!
審査員はみなさまです!
ジャンルは不問!
大賞受賞者はミモカの造形スタジオで個展を開催できます!
全部で11の様々な賞があります!
丸亀市内3か所を巡回!
詳細

丸亀どこでもMIMOCA あなたの場所でミモカを知ろう

丸亀市に在住あるいは勤務の方を含む10名以上が集まれば、ミモカの学芸員が出張訪問し、「MIMOCA」、「猪熊弦一郎」、「開催中の企画展」のテーマでレクチャーを行います。 詳細

ワークショップ

子ども~大人向けワークショップ瀬戸内国際芸術祭2016連携事業 ミモカtoみなと イロイロみちしるべをつくろう!

2016年①9月3日(土) ②9月4日(日) 各日10:00-12:00
*お申し込み受付中です。
瀬戸内国際芸術祭2016秋会期(10/8-11/6の30日間)では、丸亀市の本島が会場となります。本島への玄関口となるのは、ミモカからゆっくり歩いて10分くらいのところにある、丸亀港です。そこで、ミモカと丸亀港を結び、ミモカや芸術祭に来る方に街路を楽しく歩いてもらうためのみちしるべを、みんなで手づくりします。木材に、ペンキで色を塗ったり絵を描いたり、アクリル板や木っ端などの素材を釘で打ち付けたり…。みんなのつくったみちしるべで、芸術祭期間中、ミモカと丸亀港の間に彩りを添えましょう! 詳細

子ども~大人向けワークショップ「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」関連 オバケの迷彩

2016年①9月24日(土) ②9月25日(日) 各日10:00-12:00
*お申し込み受付中です。
ふしぎな形の穴がたくさんあいている大きな木の枠の上から、ハケや綿、スポンジを使って下にしいた紙に絵を描いたり、色をぬったりしてみよう。枠を外すとどんな模様ができるかな?
※木の枠は展覧会に展示してある金氏さんの作品を、絵を描くための道具として使います。ワークショップで使った後、その作品(木の枠)はみんなの手が加わった状態で再び展示されます。
詳細

親子向けワークショップ遊ぼう!水彩絵具と土ねんど

2016年10月15日(土)・16日(日) 各日10:00-11:30
タテ1メートル、ヨコ10メートルの長~い紙に、白・赤・黄・青の水彩絵具でいろんな色をつくって、自由に絵を描こう!手触りのよい土ねんどでも遊べるよ。何度来ても楽しめる、定番人気のワークショップです。 詳細
ページトップ