猪熊弦一郎展
猫達
Genichiro Inokuma
Cats

会期:2015年6月13日(土)-9月27日(日) 会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
*6月13日(土)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
◎観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円) 高校生以下または18歳未満・丸亀市在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

*同時開催企画展「マルティーノ・ガンパー 100日で100脚の椅子」及び同時開催常設展「猪熊弦一郎展 渡米と抽象表現」の観覧料を含む
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金
*8月22日(土)、23日(日)は、1階ゲートプラザにて「まるがめ婆娑羅まつり」開催のため観覧無料となります。(当日は展示室内に音が響く場合があります。)

*9月24日(木)−27日(日)までは本展「猪熊弦一郎展 猫達」および常設展のみの開催となります。
一般550円、大学生380円、団体一般440円、団体大学生300円(当該期間の前売り販売はありません)
猪熊弦一郎(1902-93)が好んで描いたモチーフのひとつに猫があります。夫婦ともに猫好きだった猪熊家では、一度に一ダースの猫を飼っていたこともあるようで、たくさんの猫に囲まれた暮らしのなかで、猪熊は、画家の目で猫をとらえるようになりました。本展では、猪熊が描いた様々な猫の絵を、作風や技法、他のモチーフとの組合せなど複数の視点からご紹介いたします。猪熊ならではのユニークな「猫達」をご堪能ください。
猪熊弦一郎《題名不明》1987年頃
©公益財団法人ミモカ美術振興財団

マルティーノ・ガンパー 
100日で100脚の椅子
Martino Gamper 
100 Chairs in 100 Days

会期:2015年6月13日(土)-9月23日(水・祝)
会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
*6月13日(土)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
◎観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円) 高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

*同時開催企画展「猪熊弦一郎展 猫達」および常設展料金を含みます。
*( )内は前売及び20名以上の団体料金。
*「まるがめ婆娑羅まつり」開催日は観覧無料。
マルティーノ・ガンパー(1971年イタリア出身、ロンドン在住)は、美術とデザインの領域を越えて活動を続け、2007年に発表された「100 Chairs in 100 Days(100日で100脚の椅子)」は大きな話題となります。ロンドンの路地や友人の家から使われなくなった椅子を集めて組み立て直し、1日1脚、100日で100脚の詩的でユーモア溢れる椅子がつくられました。これまで世界各地を巡回し、100脚目の椅子はそれぞれの場所で新たに制作されています。本展でも丸亀の椅子を使って、まだ見ぬ100脚目が展示されます。
見つけた椅子の素材、構造、デザイン、そして1日という限られた時間——見方によっては制約ともいえる様々な要素を可能性に変換してつくり上げた100脚の椅子は、彼の思索と実験の集積ともいえます。新たな方法論を探るガンパーの椅子はデザインや機能だけでなく、その奥に潜むそれぞれの物語をもみせてくれるでしょう。
Installation View: Triennale Design Museum, Milano, 2009
Photo: Åbäke/ Martino Gamper

猪熊弦一郎展
みんなで伝える、好きになる 次回展
Genichiro Inokuma—Sharing Our Impressions and Coming to Like Him

会期:2015年10月3日(土)-12月6日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
猪熊弦一郎(1902-93)は、幼いころから絵を描くことが大好きで、90歳で亡くなる直前まで意欲的に数多くの作品を描き続けました。それらの多くは、好奇心旺盛で、どんな時でも心から楽しもうとした猪熊の性格を反映してか、見る人を驚かせ、またにっこりさせる明るさに満ちています。本展では、子供のころのスケッチから晩年の大作までを展示し、猪熊絵画の全貌をご覧いただきます。あわせて、たくさんの方からお寄せいただいた、猪熊作品への愛情あふれる感想や、とっておきのエピソードを会場にて公開。思わず感心する作品の見方や知られざる猪熊弦一郎像をみんなで分かち合い、いっそう猪熊作品を好きになってみませんか。
猪熊弦一郎《飛ぶ日のよろこび》1993年
©公益財団法人ミモカ美術振興財団

常設展 猪熊弦一郎展 Collection on View

猪熊弦一郎展 渡米と抽象表現
会期:2015年6月13日(土)-9月27日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
1955年、渡米をきっかけに、猪熊弦一郎は作風を大きく変え、抽象画を描くようになりました。50歳を過ぎてなお、新しい表現へ挑戦し続けた画家の意欲あふれる作品群をご紹介いたします。
こどもミモカ こどもたちに美術を楽しんでもらうためのプログラムを実施中
MIMOCA FRIEND(ミモカフレンド) 特典多数 入会受付中

ニュース

月間スケジュール 年間スケジュール

今治造船株式会社
大倉工業株式会社
株式会社都村製作所
後藤会計事務所
四国化成工業株式会社
四国塗装工業株式会社
第二建築株式会社
平和写真印刷株式会社
丸亀商工会議所

現在の法人会員様(50音順、敬称略)

※MIMOCAの活動は、MIMOCA FRIENDにご支援いただいております

MIMOCAメールニュース ご登録はこちら Twitter Follow Us Find us on Facebook

イベント

「猪熊弦一郎展 猫達」関連プログラム キュレーターズ・トーク

展覧会会期中の第2、第4日曜日/14:00-
他の関連プログラム開催時を除きます。
本展担当キュレーターが 展覧会の見どころをお話しします。 詳細

「マルティーノ・ガンパー 100日で100脚の椅子」関連プログラム キュレーターズ・トーク

日時:会期中の第1、第3、第5日曜/14:00−
本展担当キュレーターが展覧会の見どころをお話しします。 詳細

猪熊弦一郎展 猫達 クロージング・トーク「猫をえがく」 講師:町田康(作家、ミュージシャン)

2015年9月27日(日)/14:00−
猫を描くクリエイターとして作家の町田康をお迎えし、猫についてたっぷり語っていただきます。 詳細

「猪熊弦一郎展 みんなで伝える、好きになる」関連プログラム キュレーターズ・トーク

日時:会期中の日曜日 14:00−
本展担当キュレーターが展覧会をご案内します。 詳細

「猪熊弦一郎展 みんなで伝える、好きになる」関連プログラム 猪熊おしゃべりテーブル

日時:10月19日(月)、20日(火)、11月11日(水)
   いずれも14:00−17:30
本展担当キュレーターが展示室にてみなさまをお待ちしています。猪熊や作品について、あれこれお話しませんか。 詳細

丸亀どこでもMIMOCA あなたの場所でミモカを知ろう

丸亀市に在住あるいは勤務の方を含む10名以上が集まれば、ミモカの学芸員が出張訪問し、「MIMOCA」、「猪熊弦一郎」、「開催中の企画展」のテーマでレクチャーを行います。 詳細

ワークショップ

小・中学生向けワークショップ風船と和紙でつくろう 張り子のランプ

2015年9月5日(土) -6日(日) 各日10:00-12:00
両日参加のワークショップとなります
1日目、ふくらませた風船のまわりにのりで和紙をぺたぺた貼りつけて、ランプの形をつくります。2日目、かわいた和紙の中にある風船を割って取り出し、和紙に絵の具や色紙、リボンなどでかざりつけます。中にライトを置いてやさしく光るランプを完成させましょう。 詳細

親子向けワークショップ遊ぼう!水彩絵具と土ねんど

2015年9月19日(土)-21日(月・祝)各日10:00-11:30
タテ1メートル、ヨコ10メートルの長~い紙に、白・赤・黄・青の水彩絵具でいろんな色をつくって、自由に絵を描こう!手触りのよい土ねんどでも遊べるよ。何度来ても楽しめる、定番人気のワークショップです。 詳細
ページトップ