杉本博司 アートの起源|歴史 Hiroshi Sugimoto ORIGINS OF ART | History

Facebook

会期:2011年5月29日(日)-8月21日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
助成:財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
協力:公益財団法人小田原文化財団、ギャラリー小柳
出品協力:IZU PHOTO MUSEUM、公益財団法人京都服飾文化研究財団

◎観覧料:一般 950円(760円) 大学生 650円(520円)
高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金(常設展料金含む)
*8月20日(土)、21日(日)は1階ゲートプラザにて「まるがめ婆娑羅まつり」開催のため観覧無料(ただし展示室内が騒がしくなる場合があります)

◎年間パスポート 2,500円
*2011年11月6日までの「杉本博司 アートの起源」展会期中、お一人につき何回でも使用できます。

◎前売券販売場所
・[丸亀]あーとらんどギャラリー 0877-24-0927、オークラホテル丸亀 23-2222、おみやげSHOPミュー 22-2400、きままや 22-9361
・電子チケットぴあ(サークルK、サンクス、セブンイレブン)Pコード:764-161

◎概要
杉本博司は写真というメディアを追究し、独自のコンセプトと最高の技術によって生み出した美しくも力強い表現で世界中の人々を魅了してきました。この深遠なる杉本芸術の全貌を明らかにすべく、一人のアーティストを1年間にわたって4つの連続する展覧会で紹介するという斬新なプロジェクト「杉本博司 アートの起源」を2010年11月より開催しています。
“今、読めない先を見るためには、振り返らなければならない時がきたのだ。”と杉本は言い、再び人間の想像力が発揮され、アートとして表現されるためにアートが今できることは、その起源へと遡り、さらに人間の意識の起源を辿ることではないかと考えます。本プロジェクトでは、科学・建築・歴史・宗教という4つのテーマのもと「アートの起源」へと迫ります。
第3回目となる本展では「歴史」を取りあげます。ネガ・ポジ方式を発明したウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットが残した紙ネガを杉本自身がプリントした《光子的素描》や、社会との関わりのなかで変化してきた衣服のうち20世紀の洋服を撮影し、近代とは何であったかを問いかける《スタイアライズド スカルプチャー》など、杉本の作品によってさまざまな歴史が繰り広げられます。圧倒的な現実感を持つ写真が提示する歴史を追ううちに、見る人は歴史と写真の関わりについて思いを巡らせ、さらに歴史とは何か、人類の発展にいかに寄与したかについても考えることとなるでしょう。

1.《エリザベス女王1世》 1999年
2.《スタイアライズド スカルプチャー 008》 2007年 
 イヴ・サンローラン 1965  衣装所蔵 京都服飾文化研究財団
3.《光子的素描 015 タルボット家の住み込み家庭教師、アメリナ・ペティ女史と
 考えられる人物、1840-1841頃》 2008年  IZU PHOTO MUSEUM蔵
4.《ペルミア紀》1992年

all images © Hiroshi Sugimoto / Cortesy of Gallery Koyanagi
無断転載禁止

関連プログラム

キュレーターズ・トーク
会期中の第2土曜日および毎日曜日 各日14:00-
本展担当キュレーター(松村円、国枝かつら)が展示室にて展覧会の見どころをお話します。

コーポレーション・デイ
2011年6月11日(土)
企業からのご協賛により観覧無料となります。
ご協賛企業:おみやげ SHOP MIU株式会社ベネッセホールディングス社会福祉法人祷友会 紅山荘(五十音順)

コーポレーション・デイ
2011年7月9日(土) 
企業からのご協賛により観覧無料となります。
ご協賛企業:株式会社ベネッセホールディングス日本通運株式会社香川支店 高松引越美術品センター(五十音順)

matohu ミニ ファッションショー
対談:深井晃子× matohu(堀畑裕之・関口真希子)

2011年7月23日(土) 19:00開場/19:20開演
今、注目のブランドmatohuのミニ ファッションショーを開催。
服飾研究の第一人者として活躍する深井晃子とmatohuによる対談も行います。
*完売しました(キャンセル待ちの受付も終了しました)

コーポレーション・デイ
2011年8月13日(土)

企業からのご協賛により観覧無料となります。
ご協賛企業:子供絵画造形教室アトリエK、
日本通運株式会社香川支店高松引越美術品センター、hair space Jaxon (五十音順)

「杉本博司 アートの起源」サポーター募集!
2010年11月21日(日)−2011年11月6日(日)

「杉本博司 アートの起源」コーポレート・メンバー募集!
2010年11月21日(日)−2011年10月8日(土)

ワークショップ情報

「杉本博司 アートの起源|歴史」関連
親子ツアー

2011年6月11日(土) 11:00-
美術館スタッフと一緒に杉本作品をたのしくおしゃべりしながら、みてまわります。当日一階受付前にお集まりください。

時間を撮る
1日目 2011年7月3日(日) 10:00-11:30
2日目 2011年8月7日(日) 13:00-15:00
対象:小学4年生以上一般
1日目は「杉本博司 アートの起源|歴史」展を展覧会担当の解説とともに鑑賞し、作品の中に繰り広げられるさまざまな歴史と、その写真作品の中に存在する「時間」について考えます。2日目は1ヶ月の間に「時間」をテーマにした作品を各自撮影し、プリントして持参。参加者同士での発表の後、2階造形スタジオに展示します。

親子ツアー
2011年7月9日(土) 11:00-
美術館スタッフと一緒に杉本作品をたのしくおしゃべりしながら、みてまわります。当日一階受付前にお集まりください。

関連情報

杉本文楽 曾根崎心中
杉本博司が、日本の伝統芸能のひとつである人形浄瑠璃文楽の中から近松門左衛門の代表作『曾根崎心中』を選び、構成、演出、舞台美術映像を手掛けます。
日程:2011年8月14日(日)−8月16日(火)
会場:神奈川芸術劇場ホール

ページトップ