猪熊弦一郎展 壁画の仕事 Genichiro Inokuma

Facebook

会期:2013年4月13日(土)-6月23日(日) *会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
*4月13日(土)、20日(土)は21:00まで開館(入館は20:30まで)

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団

◎観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円) 
高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金
*同時開催企画展「MIMOCA'S EYE vol.3 フランシス・アップリチャード展 ポテトポエム」及び常設展観覧料を含む

◎前売券販売場所
[丸亀]あーとらんどギャラリー(0877-24-0927)、オークラホテル丸亀(23-2222)、おみやげSHOPミュー(22-2400)、きままや(22-9361)

◎概要
2011年の夏に、建物解体現場で発見された、猪熊弦一郎(1902-1993)の壁画《都市流動》(1969年)をご紹介する展覧会です。
建物は同年1月に営業を終了した京都の老舗ホテル(旧ホテルフジタ京都)で、猪熊の壁画は1970年の開業当初からラウンジに設置されていましたが、1982年にホテルの改装で壁画の前に新たな壁が立てられたため、所在が分からなくなっていたのです。建物の取り壊しが発表されたことで、ホテルの所有者に匿名の電話があり、おかげで壁画は無事に解体現場から取り出されました。その顛末は新聞等で取り上げられ、「救われた壁画」として話題になりました。
壁画は、解体時に所有者であった積水ハウス株式会社より、丸亀市に寄贈され、2011年11月23日、当美術館の開館20周年記念イベントにて、発見時のままの痛んだ姿で1日だけ公開されました。本展では、その後、修復されて本来の姿を取り戻したこの壁画を、初公開いたします。
あわせて本展では、猪熊が手がけた他の壁画も写真パネル等でご紹介いたします。「絵画は独占するものでなくより多くの人々を喜ばせ、みちびくもの、多くの人々のためになるべきものだ」(1953年1月20日大分合同新聞p2「近代美について」猪熊弦一郎(談))との考えのもと、壁画の仕事を多数手がけてきた猪熊のパブリックアートをご堪能ください。

1. 《都市流動》 1969年 旧ホテルフジタ京都ラウンジ壁画
2. 《自由》 1951年 JR上野駅中央コンコース壁画
3. 《和敬清寂》 1958年 香川県庁舎東館1階ロビー陶画

◎同時開催企画展
MIMOCA'S EYE vol.3 フランシス・アップリチャード展 ポテトポエム
会期:2013年4月13日(土)−6月30日(日)

関連プログラム

キュレーターズ・トーク
会期中の毎日曜日 各日14:30-
本展担当キュレーター(古野華奈子)が展示室にて展覧会の見どころをお話します。

ページトップ