荒木経惟 私、写真。 Nobuyoshi Araki-I, Photography

会期:2017年12月17日(日)-2018年3月25日(日) *休館:2017年12月25日(月)-12月31日(日)
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
◎観覧料
一般950円(760円) 大学生650円(520円) 高校生以下または18才未満・丸亀市内に在住の65才以上・各種障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金
*同時開催常設展「猪熊弦一郎展 人物像」観覧料含む
荒木経惟(1940−)が、これまでに撮影した膨大な写真のなかから、腐食したフィルムをプリントする、写真に絵具を塗る、割れたレンズで撮影するなど、何らかの手が加わることによって生と死をより強く意識させたり、両者の境を撹乱させるような作品を中心に展示します。さらに、現在の荒木の生を示すものとして、本展のために制作された丸亀市出身の花人、中川幸夫(1918-2012)へのオマージュとしての「花霊園」、友人の遺品であるカメラで撮影した「北乃空」などの新作も出品し、写真と一体となった荒木経惟をご紹介します。
荒木経惟「花霊園」2017年 ©Nobuyoshi Araki
courtesy of the artist and Yoshiko Isshiki Office, Tokyo

常設展 猪熊弦一郎展 Collection on View

猪熊弦一郎展 人物像
会期:2017年12月17日(日)-2018年3月25日(日)
*年末休館:12月25日(月)−31日(日)
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
◎観覧料:一般 300円(240円) 大学生 200円(160円)
高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金(企画展料金は別途)
猪熊弦一郎(1902-93)は、画業の前半は具象画を描いていました。主なモチーフは人物で、その多くは女性像でした。
猪熊弦一郎《裸婦立像》1933年
©公益財団法人ミモカ美術振興財団
こどもミモカ こどもたちに美術を楽しんでもらうためのプログラムを実施中
MIMOCA FRIEND(ミモカフレンド) 特典多数 入会受付中

ニュース

月間スケジュール 年間スケジュール

株式会社有高扇山堂
今治造船株式会社丸亀事業本部
大倉工業株式会社
四国化成工業株式会社
四国塗装工業株式会社
第二建築株式会社
株式会社都村製作所
株式会社百十四銀行丸亀支店
平和写真印刷株式会社
丸亀商工会議所

現在の法人会員様(50音順、敬称略)

※MIMOCAの活動は、MIMOCA FRIENDにご支援いただいております

MIMOCAメールニュース ご登録はこちら Twitter Follow Us Find us on Facebook

イベント

新春年賀版画・絵手紙展

1月13日(土)-19日(金) 10:00-18:00(入館は17:30まで)
*最終日1月19日(金)のみ10:00-16:00
丸亀市内の幼稚園・子ども園・小学校・中学校の子どもたちが制作した、平成30年の新春にふさわしい版画作品・絵手紙作品を展示します。 詳細

丸亀どこでもMIMOCA あなたの場所でミモカを知ろう

丸亀市に在住あるいは勤務の方を含む10名以上が集まれば、ミモカの学芸員が出張訪問し、「MIMOCA」、「猪熊弦一郎」、「開催中の企画展」のテーマでレクチャーを行います。 詳細

ワークショップ

親子向けワークショップ遊ぼう!水彩絵具と土ねんど

2018年1月28日(土)-29日(日) 各日10:00-11:30
タテ1メートル、ヨコ10メートルの長~い紙に、白・赤・黄・青の水彩絵具でいろんな色をつくって、自由に絵を描こう!手触りのよい土ねんどでも遊べるよ。何度来ても楽しめる、定番人気のワークショップです。 詳細

子ども~大人向けワークショップ「荒木経惟 私、写真。」関連 写真でかくれんぼ

2018年2月11日(日・祝)
13:00~16:00
企画展の出品作家である荒木経惟が展示される作品の撮影にも使用しているポラロイド社のカメラを使って、写真で“かくれんぼ”をします。隠れる人は美術館をまわり、ここだと思った場所やそこにあるものを見つからない様に撮影します。見つける人は、撮影された写真をヒントに美術館をまわり、どこでその写真を撮ったのかを当ててください。チームに分かれてどちらが多く隠れていたポイントを見つけられるか競います。 詳細

親子向けワークショップ貼って遊ぼう ぺたぺた!じぶんのかたち

2018年3月24日(土)-25日(日) 各日10:00-11:30
紙の上に寝そべって、自由なポーズで全身のりんかくをうつしとったら、そのかたちの中に、いろいろな色や大きさの○△□の紙をぺたぺたくっつけたりクレヨンで絵を描いたりします。「じぶんのかたち」をキャンバスにして、色やかたちで遊んでみましょう! 詳細
ページトップ