MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

WEBショップ
MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
MENUCLOSE
MIMOCA EYE / ミモカアイ

MIMOCA EYE / ミモカアイ

2022年、MIMOCAは現代美術の新たな公募展「MIMOCA EYE / ミモカアイ」を創設し、35歳以下のアーティストを対象として現代美術の作品を公募します。ジャンルは問いません。応募書類による1次審査で入選作品を決定し、入選作による展覧会「第1回 MIMOCA EYE / ミモカアイ」を開催します。さらに入選作から大賞および準大賞を選出します。

「アートとはその時代の答えであって、アーティストはこの現代をどう表現するのかという責任がある。それがコンテンポラリーアート。未来に向かってアーティストがどういうふうに方向づけ、今にないものを発見していくかっていう、一番大事で一番難しいことの結果を見せる美術館であってほしい」(猪熊弦一郎)

猪熊弦一郎のこの言葉を指針とするMIMOCAは、フレッシュな感性をもつ方々の才能に大いに期待しています。そこで、これからを担う若いアーティストが時代を捉えながら新しい表現を生み出し、独自の才能をはばたかせる起点となる場として、公募展「MIMOCA EYE / ミモカアイ」を開催します。
MIMOCAでは、2000年に当時32歳だった中山ダイスケの個展を開催、その後、活躍が期待される40歳以下の作家の個展を「MIMOCA’S EYE」としてシリーズ化し、2001年にvol.1の野口里佳、2009年にvol.2の小金沢健人を、2013 年にはvol.3としてフランシス・アップリチャードを取り上げてきました。この度の「MIMOCA EYE / ミモカアイ」は、公募展へと変わり、芸術家として活動する若い人たちに門戸を広げ、発展の場とするものです。1次審査で選考された入選作による展覧会「MIMOCA EYE / ミモカアイ」を開催し、さらに入選作の中から大賞、準大賞を選出します。大賞には賞金のほか、副賞として丸亀市猪熊弦一郎現代美術館での個展開催の機会を提供し、受賞後の更なる飛躍を後押しします。今後は継続して3年ごとに実施する予定です。

第1回 MIMOCA EYE/ミモカアイ 入選決定

2022年、MIMOCAは現代美術の新たな公募展「MIMOCA EYE / ミモカアイ」を創設し、35歳以下のアーティストを対象として現代美術の作品を公募しました。

初回となる「第1回 MIMOCA EYE / ミモカアイ」では294人(組)の応募をいただき、選考委員による厳正な審査をおこなった結果、17点の入選作が決定しました。

入選作は、2022年11月20日(日)-2023年2月26日(日)に開催される展覧会「第1回 MIMOCA EYE/ミモカアイ」で展示され、大賞・準大賞を決定します。どうぞご期待ください。

入選 (50音順)

池添俊《Torus(仮)》
石綿優太郎《水の音色》
井上裕加里《Asian kitchen(仮)》
小穴琴恵《壁とはみ出た木》
大野陽生《Sea Monk》
上久保徳子《ずっと傾いたスープ》
熊谷亜莉沙《You or I (仮)》
西條茜《Phantom body 蜜と泉(仮)》
Zhdanova Alina《Memories(仮)》
須崎喜也《托鉢》
大東忍《夏草を燃やす》
但馬ゆり子《あなたがいて、わたしがいて(仮)》
谷口典央《New planet log 2》
中谷優希《シロクマの修復師》
原田愛子《Frankenstein’s feet (for all of the sewer) 》
婦木加奈子《洗濯物の彫刻》
吉田志穂《庭になるもの(仮)》




過去の公募展・大賞受賞作家展
第1回 MIMOCA EYE / ミモカアイ
2022年11月20日(日)-2023年2月26日(日)
休館日:月曜日(ただし2023年1月2日、9日は開館)、2022年12月25日(日)-12月31日(土)、2023年1月4日(水)、1月10日(火)
35歳以下のアーティストを対象として現代美術の作品を募集。応募書類による1次審査で入選作品を決定し、入選作による展覧会「第1回 MIMOCAEYE/ミモカアイ」を開催します。

楽天チケットで前売りおよび
開催中の企画展のチケットが購入できます