MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

WEBショップ
MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
MENUCLOSE
MIMOCA EYE / ミモカアイ

MIMOCA EYE / ミモカアイ

2022年、MIMOCAは現代美術の新たな公募展「MIMOCA EYE / ミモカアイ」を創設し、35歳以下のアーティストを対象として現代美術の作品を公募します。ジャンルは問いません。応募書類による1次審査で入選作品を決定し、入選作による展覧会「第1回 MIMOCA EYE / ミモカアイ」を開催します。さらに入選作から大賞および準大賞を選出します。

「アートとはその時代の答えであって、アーティストはこの現代をどう表現するのかという責任がある。それがコンテンポラリーアート。未来に向かってアーティストがどういうふうに方向づけ、今にないものを発見していくかっていう、一番大事で一番難しいことの結果を見せる美術館であってほしい」(猪熊弦一郎)

猪熊弦一郎のこの言葉を指針とするMIMOCAは、フレッシュな感性をもつ方々の才能に大いに期待しています。そこで、これからを担う若いアーティストが時代を捉えながら新しい表現を生み出し、独自の才能をはばたかせる起点となる場として、公募展「MIMOCA EYE / ミモカアイ」を開催します。
MIMOCAでは、2000年に当時32歳だった中山ダイスケの個展を開催、その後、活躍が期待される40歳以下の作家の個展を「MIMOCA’S EYE」としてシリーズ化し、2001年にvol.1の野口里佳、2009年にvol.2の小金沢健人を、2013 年にはvol.3としてフランシス・アップリチャードを取り上げてきました。この度の「MIMOCA EYE / ミモカアイ」は、公募展へと変わり、芸術家として活動する若い人たちに門戸を広げ、発展の場とするものです。1次審査で選考された入選作による展覧会「MIMOCA EYE / ミモカアイ」を開催し、さらに入選作の中から大賞、準大賞を選出します。大賞には賞金のほか、副賞として丸亀市猪熊弦一郎現代美術館での個展開催の機会を提供し、受賞後の更なる飛躍を後押しします。今後は継続して3年ごとに実施する予定です。

応募受付
【郵送】2022年5月1日(日) 〜 6月30日(木) 必着
【E−mail】2022年5月1日(日) 10:00 〜 6月30日(木) 18:00

第1回 MIMOCA EYE/ミモカアイ 募集要項

◎ダウンロード


◎応募受付

【郵送】2022年5月1日(日) 〜 6月30日(木) 必着
【E-mail】2022年5月1日(日) 10:00 〜 6月30日(木) 18:00


【募集要項】

◎応募資格

以下の全てに該当する方。個人またはグループでの応募が可能です。グループの場合、1、4は全員が該当すること。2は、うち1人が該当すれば可、3はグループとしての活動とします。また、グループでの活動を今後も継続していくことが前提です。

  1. 35歳以下(2022年4月1日時点)
  2. 国籍不問、ただし日本語によるコミュニケーションが可能な方
  3. 概ね3年以上の活動歴のある方
  4. 美術館での個展経験のない方

◎作品規定

  • 現代を捉えながら、未来を示す新しい表現をしたもの。ジャンルは問いません。
  • 1個人またはグループにつき、応募は各1点とします。
  • 1点の大きさは「幅400 × 奥行き400 × 高さ300 cm」以内。壁に展示する場合は設置に耐える重量とし、安全を考慮した展示具を用いること。床に置く場合は重さ300kg 以内とする(額縁や台座、その他作品に必要な付属品および使用機材を含む)。ただし当館の搬入用エレベーターのサイズは「幅200 × 奥行き540 × 高さ290 cm」です。この他、当館の施設、設備で展示可能な作品であること。天井からの吊り下げは原則として不可。展示の際は、配分された展示スペースに応じて設置サイズを調整していただく場合があります。
  • 作品は約3ヶ月間、展示しますので、展示期間に耐えうる素材を選択してください。
  • 危険物や異臭、腐敗の恐れのある作品、大量の水分を使用する作品など施設管理上支障のある作品は不可とします。食品や動植物の展示は原則として不可。火気厳禁。カビや虫等、他の作品および施設に影響を及ぼす危険が事前に判断された場合、または事態が生じた場合は、入選後でも該当作品を変更ないし撤収する場合があります。
  • 未発表のオリジナル作品に限ります。
  • 応募作品に第三者の著作権やその他の権利が含まれる場合は、使用許諾等の権利処理を事前に行ってください。著作権等について第三者から異議申し立て、苦情などがあった場合、主催者は責任を負いません。

    ※額、台座、映像機器など展示の際に必要となるものは、原則としてすべて入選者が用意してください。配線も同様です。
    ※搬入・搬出および展示・撤去は必ず作家本人か、本人に代わる人が行ってください。

    ※特殊な作業を必要とする、または特殊な素材の使用により展示に困難が予想される場合はあ らかじめご相談ください。場合によっては受け付けられないことがあります。

◎出品料

無料。ただし応募や作品制作、1次審査通過後の出品(下見・搬入出および展示撤去等)にかかる一切の費用は出品者の負担とします。


◎応募方法

郵送またはメールにて応募してください。

【郵送】
下記の応募書類を送付してください。

  1. 必要事項をすべて記入した応募用紙(3枚綴り) ※必須
    出品予定作品が映像や音楽等の場合に限り、作品イメージを3分以内に編集したデジタルデータを1点提出できます。
  2. 過去の作品資料 ※任意
    原則としてA4サイズ5枚以内に片面印刷で紙に出力し、右上に作家名と通し番号を記入してください。代わりに3分以内に編集した映像等のデジタルデータ資料を1点提出することもできます。
  3. 1次審査結果通知用封筒(表面に返送先住所氏名を記入し、84円切手を貼付した定型封筒) ※必須

※デジタルデータの提出方法
形式は mov/mp4/m4v/wmv とし、DVD/CD/USB/SD のいずれかに納めて提出してください。 記録媒体の表面には作家名を書き、出品予定作品のイメージはファイル名を「作家名(作品名)」、過去の作品資料はファイル名を「作家名(過去作品)」としてください。

【E-mail】
下記の応募書類をメールに添付して送信してください。

  1. 必要事項をすべて記入した応募用紙(3枚綴り)※必須
    3枚を1 つにまとめたPDFファイル形式にし、ファイル名を「作家名(応募用紙)」として提出 してください。出品予定作品が映像や音楽等の場合に限り、作品イメージを3分以内に編集したデジタルデータを1点提出できます。
  2. 過去の作品資料 ※任意
    原則としてA4サイズ5枚以内にまとめたPDFファイル形式で、ファイル名を「作家名(過去作品)」として提出してください。代わりに3分以内に編集 した映像等のデジタルデータ資料を1点提出することもできます。

※デジタルデータの提出方法
動画配信サービス(Vimeo、Youtube 等)や、ご自身のウェブサイト、使用可能なサーバー(Dropbox、Google Drive 等)等にアップロードし、応募用紙にURLや閲覧に必要なパスワードを記入してください。

形式はmov/mp4/m4v/wmv とし、審査のため2022年11月23日まで閲覧またはデータ取得可能な状態にしてください。
出品予定作品のイメージはファイル名を「作家名(作品名)」、過去の作品資料はファイル名を「作家名(過去作品)」としてください。

※メール全体の容量を5MB以内に収めてください。

※メールで応募された方には1次審査の結果をメールでお知らせします

注意

  • 提出された書類・資料・データは返却しません。審査終了後、主催者において破棄いたします。
  • 1次審査を通過された方(グループの場合は全員)には年齢を証明する書類を提出していただきます。
  • 応募資格に反している場合は入選を取り消すことがあります。

◎応募先

【郵送】
〒763−0022 香川県丸亀市浜町 80−1
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館ミモカアイ担当
TEL 0877-24-7755
※簡易書留やレターパック、その他の宅配便など、応募者が配達状況を確認できる方法でお送りください。

【E-mail】
(送信先)mimocaeye_entry@mimoca.jp
(件名)「作家名(フルネーム)またはグループ名」ミモカアイ応募
※自動返信メールをお送りします。応募後24時間以内に返信メールが届かない場合に限り、お電話にてお問い合わせください。


◎応募受付

【郵送】2022年5月1日(日) 〜 6月30日(木) 必着
【E−mail】2022年5月1日(日) 10:00 〜 6月30日(木) 18:00


◎審査の流れ

  • 1次審査:応募書類による審査を行い、入選作品を決定します
  • 1次審査の結果通知:8月31日(水) までに応募者全員に発送または発信します。また当館ウェブサイトにて入選者を発表します。
  • 入選作品の搬入・展示:11月15日(火) 〜 11月17日(木)
  • 2次審査:搬入、展示された入選作品により審査を行い、大賞、準大賞作品を選出します。
  • 大賞、準大賞作品発表:11月23日(水・祝) 10:00 当館ウェブサイトにて発表します。
  • 「第1回 MIMOCA EYE / ミモカアイ」展:2022年11月23日(水・祝) ~ 2023年2月26日(日)

◎その他注意事項

  • 入選が確定した後、作品の形式や内容、素材等に著しい変更を加える場合は入選を取り消すことがあります。
  • 入選者の作家名、年齢、経歴は、カタログ、ホームページおよびマスコミで発表させていただきます。
  • 作品の著作権は応募者に帰属しますが、主催者が行う作品の撮影、カタログ等印刷物、ウェブサイト等、本展の関連制作物や次年度以降の広報媒体への図版掲載、および広報に関する写真、 情報提供についてはこれを許諾することを条件とします。また「MIMOCA EYE / ミモカアイ」では来館者による展示室内での撮影ならびにSNS等での情報発信を可能としますので、あらかじめご了承ください。
  • 入選作品の取り扱いには万全を期しますが、万一破損した場合には、理由の如何に関わらず、主催者は責任を負いません。必要と思われる方は、各自で保険に加入してください。
  • お申込みの際にお知らせいただいた個人情報については、個人情報保護法その他関連法案を遵守するとともに、問い合わせ、審査、結果通知など本展の業務に必要と思われる目的および次回以降の案内にのみ使用します。お預かりする個人情報は応募者に断りなく第三者に提供いたしません。

◎主催

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団


◎お問い合わせ先

「MIMOCA EYE/ミモカアイ」担当
Email:mimocaeye_info[at]mimoca.jp 
※お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
※審査結果、入落選の理由等のお問い合わせには応じられません。

※新型コロナウイルス感染拡大状況によって、日程や内容が変更・延期等される可能性があります。あらかじめご了承の上、ご応募くださいますようお願い申し上げます。
※今後は3年ごとに実施する予定です。


◎賞

大賞:1件
賞金100万円。副賞として丸亀市猪熊弦一郎現代美術館での個展開催の機会(2024年度以降開催、展示室A 285.66m²、または展示室B 286.96m²を使用予定)

準大賞:1件
賞金50万円

*大賞、準大賞は入選作の中から決定し、賞金額には入選作品に与えられる賞金を含みます。


◎入選

15-20件程度 賞金各15万円


◎選考委員(敬称略・五十音順)

portrait_03b.jpeg植松由佳(国立国際美術館学芸課長、公益財団法人ミモカ美術振興財団理事)
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館/財団法人ミモカ美術振興財団勤務を経て2008 年より国立国際美術館。2021年より現職。現代美術を中心に国内外で展覧会を企画。近年の主なものに「アンリ・サラ」(2011年)、「夢か現か幻か」(2013年)、「ヴォルフガング・ティルマンス Your Body is Yours」(2015年)、「森村泰昌:自画像の美術史 「私」と「わたし」が出会うとき」(2016年)、「国立国際美術館開館40 周年記念:トラベラーまだ見ぬ地を踏むために」(2018年、共同企画)、「ヤン・ヴォー—ォヴ・ンヤ」(2020年)(いずれも国⽴国際美術館)、「They Do Not Understand Each Other」(June Yap, SAM との共同企画、Tai Kwun Contemporary/2021年 )など。第54 回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー(2011年、作家:束芋)、第13回バングラデシュ・ビエンナーレ日本参加コミッショナー(2008年)を務めた。第11回西洋美術振興財団賞・学術賞受賞(2016年)。AICA(美術評論家連盟)会員。

スクリーンショット 2022-04-12 14.25.03.png

杉戸洋(画家、東京藝術大学美術学部絵画科准教授)
愛知県立芸術大学美術学部日本画科卒業。近年では建築と絵画の相互の関わりを意識した展示をおこなっている。主な個展に「天上の下地 prime and foundation」(宮城県美術館、2015年)、「frame and refrain」(ベルナール・ビュフェ美術館/2015年)、「こっぱとあまつぶ」(豊田市美術館/2016年)、「とんぼ と のりしろ」(東京都美術館/2017年)など。主なグループ展として「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」(原美術館ほか/2009-10年)、「ロジカル・エモーション― 日本現代美術展」(ハウス・コントルクティヴ美術館ほか/2014-15年)など。平成29年度(第68回)芸術選奨、文部科学大臣賞受賞。

IMG_0405.jpg

高橋瑞木(CHAT(Centre for Heritage, Arts and Textile)エグゼクティブディレクター兼チーフキュレーター)
ロンドン大学東洋アフリカ学学院MAを修了後、森美術館開設準備室を経て2003~16年まで水戸芸術館現代美術センターで主任学芸員として勤務、2016年4月CHAT開設のため香港に移住。国内外での主な企画に「Beuys in Japan:ボイスがいた8日間」(2009年)、「クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発」(2011年)、「高嶺格のクールジャパン」(2012年)、「拡張するファッション」(2014年)、「Ariadne`s Thread」(2016年)、「(In)tangible Reminiscence」(2018年)、「Unfolding : Fabric of Our Life」(2019年)、「Unconstrained Textiles: Stitching Methods, Crossing Ideas」(2020年)など。アジア、ヨーロッパの大学やアートインスティチュートでのレクチャーや執筆活動も活発に行っている。

撮影:細川葉子

322A4031s.jpg

高嶺格(美術作家、多摩美術大学彫刻学科教授)
京都市立芸術大学で漆工を学んだ後、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー[IAMAS]修了。1990年代「ダムタイプ」に参加。これまでパフォーマンス・映像・インスタレーション・舞台演出など多様な形態で作品を発表している。アメリカ同時多発テロを題材としたクレイアニメーション《God Bless America》(2002年)を第50回ヴェネチア・ビエンナーレに出品。2010年、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて個展「Focus3 高嶺格: スーパーキャパシターズ」を開催。ほか主な個展に「大きな休息」(せんだいメディアテーク/2008年)、「とおくてよくみえない」(横浜美術館ほか/2011年)、「高嶺格のクールジャパン」(水戸芸術館/2012年)など。


IMG_5471_2.jpeg

中山ダイスケ(東北芸術工科大学学長、アーティスト、アートディレクター)
2007年より東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科教授、デザイン工学部長を経て、18 年より学長。アート分野ではコミュニケーションを主題に多様なインスタレーション作品を発表。1997年よりロックフェラー財団、文化庁などの奨学生として6年間、NYを拠点に活動。98 年第1回岡本太郎現代芸術賞準大賞など受賞多数。1998年台北、2000 年光州、リヨン(フランス)ビエンナーレの日本代表。2000年、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて個展「中山ダイスケ展 FULL CONTACT」を開催。デザイン分野では、舞台美術、ファッションショー、店舗や空間、商品や地域のプロジェクトデザイン、コンセプト提案などを手がける。

過去の公募展・大賞受賞作家展
第1回 MIMOCA EYE / ミモカアイ
2022年11月23日(水・祝)-2023年2月26日(日)
休館日:月曜日(ただし2023年1月2日、9日は開館)、2022年12月25日(日)-12月31日(土)、2023年1月4日(水)、1月10日(火)
35歳以下のアーティストを対象として現代美術の作品を募集。応募書類による1次審査で入選作品を決定し、入選作による展覧会「第1回 MIMOCAEYE/ミモカアイ」を開催します。

楽天チケットで前売りおよび
開催中の企画展のチケットが購入できます