MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

WEBショップ
MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
MENUCLOSE

MIMOCA展覧会レポートを一挙にご紹介!現在開催中の「まみえる 千変万化な顔たち」から過去の企画展まで、2020年度の展覧会をイラストで分かりやすく解説したレポートです。ぜひご覧ください。

詳細

現在開催中の「猪熊弦一郎展 色に注目!−赤・黄・青から見てみると?−」(2021年1月23日〜3月7日)の見どころをご紹介します。

詳細

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)では、2020年10月13日(火)から2021年1月11日(月・祝)まで、「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」を開催しています。美術家の小沢剛さんへのインタビュー後編です。今回は作品についていろいろ伺いました。インタビュアー・文 / 藤田千彩(アートライター)撮影 / 宮脇慎太郎

詳細

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)では、2020年10月13日(火)から2021年1月11日(月・祝)まで、「窓展 窓をめぐるアートと建築の旅」を開催しています。この展覧会の参加アーティスト「西京人」のメンバーのひとり、美術家の小沢剛さんに、西京人や今回の展示作品について伺ったインタビューを、2回にわたってお届けします。インタビュアー・文/藤田千彩(アートライター)撮影/宮脇慎太郎

詳細

なぜ、駅前なのか。なぜ、現代アートなのか。その答えは、猪熊弦一郎の、現代へ生きる人々へのメッセージともいえます。MIMOCAの特色に紐づいて、そのメッセージを読み解いていきましょう。

詳細

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)は2021年に開館30周年を迎えます。これまで「美術館は心の病院」をコンセプトに、展覧会を始め、地域に根付いた多様な文化活動を展開してきました。画家猪熊弦一郎は、訪れる人々にとってMIMOCAが「心の病院」であることを大切にしていました。猪熊の思い描いた「心の病院」について、設立までのストーリーとMIMOCAの特色をもとに、2回に分けてご紹介します。

詳細