MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

WEBショップ
MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
MENUCLOSE

1. KOSUGE1-16 (撮影: Hikaru Saito)
2. Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
3. 旅するリサーチ・ラボラトリー

企画展「丸亀での現在」関連プログラム アーティスト・トーク Artists' Talk

日時:2021年12月18日(土) 13:00〜(12:30開場)
場所:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 2階ミュージアムホール
料金:無料
申込:不要(先着順)

※新型コロナウイルスの感染状況によって、イベントが中止となる可能性がございます。お出かけ前に当館HP等でご確認ください。

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
助成:一般財団法人自治総合センター、芸術文化振興基金、公益財団法人花王芸術・科学財団、一般財団法人百十四銀行学術文化振興財団

◎概要
企画展「丸亀での現在」の出品作家であるKOSUGE1-16、Nadegata Instant Party、旅するリサーチ・ラボラトリーの3組が、丸亀でのリサーチや出品作品などについて語ります。

1. KOSUGE1-16 (撮影: Hikaru Saito)
2. Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
3. 旅するリサーチ・ラボラトリー

KOSUGE1-16
車田智志乃と土谷享によるアーティスト・ユニットとして2001年より活動を開始。現在はこれまでのコンセプトを引き継ぎ、土谷が代表として活動する。日常のありふれた環境、現象、人のつながりなどをきっかけに作品を制作し、作品を通して鑑賞者を参加者に変質させ、参加者同士、あるいは作品と参加者の間に「もちつもたれつ」という関係性を構築する。

Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
美術家の中崎透、山城大督、アートマネージャーの野田智子によるアーティスト・ユニットとして2006年より活動を開始。地域コミュニティにコミットし、それぞれの場所や状況に応じた「口実」を立ち上げ、多くの参加者を巻き込みながらひとつの出来事を「現実」としてつくり上げていく。「口実」によって「現実」が変わっていくプロセスをストーリー化し、映像や演劇的手法、インスタレーションなどを組み合わせながら作品を展開している。

旅するリサーチ・ラボラトリー
アーティストのmamoru、下道基行、デザイナーの丸山晶崇が中心となり2014年より活動を開始。2017年にアートマネージャーの芦部玲奈が加わる。ジャンルを問わず興味深いフィールドワークとアウトプットをしているリサーチャーや各地の資料館、 美術館などを訪ね、リサーチの手法やアウトプット、またそれらにまつわる作法に関するリサーチを行っている。

企画展情報

関連プログラム

親子でMIMOCAの日
2022年2月19日(土)・20日(日) 各日10:00-18:00(入館は 17:30 まで)
高校生以下または18歳未満の観覧者1名につき、同伴者の方はどなたでも2名まで無料となります。

アーティスト・トーク
2021年12月18日(土) 13:00〜(12:30開場)
企画展「丸亀での現在」の出品作家であるKOSUGE1-16、Nadegata Instant Party、旅するリサーチ・ラボラトリーの3組が、丸亀でのリサーチや出品作品などについて語ります。

ホームステイホーム
ホストファミリー募集説明会
[オンライン]2021年10月3日(日) 14:00-15:30
[リアル開催]2021年11月7日(日) 11:00-12:00
会場: 丸亀市市民交流活動センター マルタス1階オープンラウンジ&多目的ホール

オンライン・ホームステイ
2021年11月13日(土) 18:30-20:30、11月14日(日) 11:30-12:30
3人組のアーティスト・ユニット「Nadegata Instant Party」による、オンライン・ホームステイのプロジェクトを開催します。全国47都道府県からのゲストを、オンラインで受け入れてくださる丸亀のホストファミリーを募集します。