MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

WEBショップ
MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
MENUCLOSE

1. 西京人《第3章:ようこそ西京に−西京オリンピック》2008年
2. 西京人

企画展「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」関連
中学生〜大人向けワークショップ
西京国はどんなところ?

西京人は、チェン・シャオション(1963-2016、中国汕頭市生まれ)、ギムホンソック(1964年ソウル生まれ、在住)、小沢剛(1965年東京生まれ、埼玉県在住)によって2007年に結成されたユニットです。中国、韓国、日本出身の3人のアーティストは、アジアのどこかにある「西京国」という架空の都市国家を考え出し、西京国について伝えるプロジェクトを始めました。西京国はどんなところか、西京人である3人が話して出てきたアイデアを作品にしています。
これまでのプロジェクトのなかに、オリンピック、大統領、学校を取り上げた映像作品があります。今回のワークショップでは、この3つのテーマから1つを選んで、グループで内容を考え、撮影・編集して自分たちの映像作品をつくります。

*本ワークショップでは映像を制作します。
*撮影・編集の知識や技術は必要ありません。
*撮影・編集用にiPadを用意していますが、ご自身の機材を使用されたい方はご相談ください。

講師:西京人
日時:2020年12月19日(土) 10:00−16:00(途中休憩含む)
場所:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 2階造形スタジオ、ほか美術館内
対象:中学生~大人
定員:12名
参加料:無料
申込:要申し込み
申込締切:12月9日(水)必着

*応募者多数の場合は、抽選となります。
*新型コロナウイルスの感染状況によって本ワークショップを急遽中止する場合があります。

《新型コロナウイルス感染症拡大の防止にご協力ください》
・ご来場のみなさまにはマスクの着用をお願いしております。
・会場は机や座席の位置を調整して、来場者同士の距離を確保します。
・その他のお願い事項は、当選者にご連絡いたします。

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団、東京国立近代美術館、一般財団法人 窓研究所
助成:スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団

1. 西京人《第3章:ようこそ西京に−西京オリンピック》2008年
2. 西京人

◎お申し込み方法
・ページの一番下にあるお申込みフォームよりお申し込みください。

ハガキの場合は、ワークショップ名・希望日・お名前(ふりがな)・年齢・郵便番号・住所・電話番号をご記入のうえ、ワークショップ係までお申し込みください。
〒763-0022 丸亀市浜町80-1
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 ワークショップ係

*応募者多数の場合は抽選し、その結果は締切後全員にメールまたはお電話でお知らせします。
*お友達同士の場合、1回のフォーム送信もしくは1通のハガキで一緒にお申し込みができます。
*締切後でも定員に満たない場合は、応募受付を延長する場合があります。

【フォームからお申込みの方へ】
●お申込みいただいたメールアドレスへ自動返信メールを送ります。
翌日までに返信が届かなければ受付できていない場合がありますので、お電話ください。
●12月11日(金)15:00までに当落をメールでお知らせします。メールが届かなければ、お電話ください。
美術館電話番号 0877−24−7755

企画展情報

関連プログラム

Deer Revenge ライブ
2020年10月31日(土)18:00-19:00
ホンマタカシのイベントによく出没する謎の覆面バンド「Deer Revenge(ディアリベンジ )」によるライブ開催!

ホンマタカシ サテライトマルガメ vol.3
ホンマタカシによる解説つき観覧日

①2020年10月31日(土)14:00−14:30
②2020年11月1日(日)11:00−11:30
③2020年11月1日(日)14:00−14:30

ホンマタカシの《カメラオブスクラ丸亀港》を、ホンマによる解説を聞きながら観覧しませんか。

ホンマタカシ サテライトマルガメ vol.3
2020年10月13日(火)-2021年1月11日(月・祝)の土・日・祝日
12月26日(土)、27日(日)はのぞく
ホンマによる丸亀でのサテライト展示の第3弾を2014年以来6年ぶりに実施します。今回は、ホンマがカメラ・オブスクラ(ラテン語で「暗い部屋」の意)で撮った写真《カメラオブスクラ丸亀港》を、撮影した部屋で展示。美術館内では富士山、サテライトでは丸亀だからこその丸亀港の作品をご覧ください。

ワークショップ情報

西京国はどんなところ?
日時:2020年12月19日(土) 10:00−16:00(途中休憩含む)
講師:西京人
対象:中学生~大人
企画展出品作家・西京人の制作のコンセプトを参考にして、グループで短い映像作品を制作します。