MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

WEBショップ
MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
MENUCLOSE

瀬戸内国際芸術祭2022 記念事業 MIMOCA×tupera tupera
巨大すごろくプロジェクト

瀬戸内国際芸術祭2022開催を記念して美術館とtupera tuperaによる、商店街アートプロジェクトを開始します。 一般参加者と美術館で、すごろくのマスとなる原画を作り、1mのマスへと巨大化させ、丸亀市の中心街に位置する通町商店街の約300mに及ぶ道に展示を計画。商店街の道を盤にしてすごろくを楽しみながらゴール(丸亀城方向)を目指す一大プロジェクトです。

制作
「すごろくマスづくりワークショップ」
・日時:5月5日(木・祝)
・会場:MIMOCA 2階造形スタジオ
・対象:小学生〜大人
・定員:80名程度

展示期間
2022年9月24日(土)〜11月6日(日)予定

展示会場
通町商店街

【主催】
丸亀市、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団

◎企画・監修
tupera tupera(ツペラツペラ)
亀山達矢と中川敦子によるクリエィティブユニット。絵本やイラストレーションを中心に、様々な分野で幅広く 活動している。絵本に「しろくまのパンツ」「パンダ銭湯」「かおノート」 「やさいさん」など著書多数。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアート ディレクションも担当。2019年に第1回やなせたかし文化賞大賞を受賞。


Photo: Ryumon Kagioka


◎関連イベント
「オープニングセレモニー」 瀬戸フィルハーモニー交響楽団が音楽ワークショップを通して編成したキッズ楽団 とともに巨大すごろくのお披露目を祝います。

日時:2022年9月24日(土)9:00 - 10:00(予定)
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 ゲートプラザ