MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

WEBショップ
MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
MENUCLOSE
2024年3月23日(土)-6月2日(日)
月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、4月30日(火)、5月7日(火)
1973年に患った病をきっかけに、ニューヨークでの活動に区切りをつけることとなった猪熊弦一郎(1902-1993)。翌年、降り立ったハワイの青空に勇気づけられ、アメリカでの再出発を決意します。その後ホノルルにアトリエを構え、ハワイの自然からの影響や宇宙への関心がうかがえる鮮やかな絵画を描きました。本展では、新たな環境に支えられながら、より自由に、自ら描くべきものを追求したハワイ時代の表現をご紹介します。 詳細

「猪熊弦一郎展 ホノルル」ポスタービジュアル デザイン:芝野健太

加茂克也 KAMO HEAD Katsuya Kamo: KAMO HEAD
2024年6月30日(日)-9月23日(月・祝)
モードの最先端で活躍したヘア&メイクアップアーティスト、加茂克也(1965-2020)。時代性と先進性に加え、彫刻のような普遍的な美を持つ加茂のヘッドピースは、ファッションでありつつ、唯一無二のアートピースとして強い存在感を放ちます。本展では、トップブランドのファッションショー等で実際に使用したヘッドピースを中心に、立体作品や資料を交え、加茂の創作活動を包括的に紹介します。

Courtesy of CHANEL, Photo by Yasutomo Ebisu

ホーム・スイート・ホーム Home Sweet Home
2024年10月12日(土)- 2025年1月13日(月・祝)
パンデミック期の「ステイホーム」の経験は、私たちに「ホーム」を強く意識させる機会になりました。一方、国際的な紛争などを背景に、世界各地で多数の新たな難民が生み出されています。このような社会に生きる私たちにとって、「ホーム」とはどのようなものでしょうか。本展は、歴史、記憶、アイデンティティ、私たちの居場所、役割等をキーワードに表現された国内外の現代美術家の作品群から、「ホーム」の多様な意味を再考します。

鎌田友介《Japanese Houses》2023年「ホーム・スイート・ホーム」展示風景(国立国際美術館、2023年)撮影: 福永一夫 作家蔵

「第1回MIMOCA EYE / ミモカアイ」大賞受賞記念 西條茜展(仮) Akane Saijo
2025年1月26日(日)-3月30日(日)
休館:月曜日(祝休日の場合はその直後の平日)
若いアーティストが独自の才能をはばたかせる起点として2022年に始まった公募展「MIMOCA EYE / ミモカアイ」。その第1回大賞受賞者である西條茜の個展を開催します。西條は陶を素材とした作品で自他の身体へと意識を傾ける瞬間を作りだし、他者との境界や関わりについて考察してきました。本展では新たな素材へも挑戦し、更なる深化を試みます。

西條茜《果樹園》2022年 Photo:Takeru Koroda

猪熊弦一郎《窓》1984年
©公益財団法人ミモカ美術振興財団