MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

WEBショップ
MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
MENUCLOSE
2021年3月20日(土・祝)-6月6日(日)
休館日:月曜日(5月3日は開館)、5月6日(木)
目、鼻、耳、口といった感覚器官が集まる「顔」。皮膚も含めると、視覚や聴覚などの五感全てを受け取る部分です。この顔を通して、私たちは相手を特定し、その心の中を探りながらコミュニケーションを取り、社会生活を送っています。
本展では、この顔というものに焦点を当て、「私とあなた」「関わりの顔」「顔にあそぶ」という3つのアプローチから、10人の芸術家による表現をご紹介します。時代もジャンルも異なる、多様な顔との出会いをぜひお楽しみください。
詳細

まみえる展メインビジュアル デザイン:宮越里子

2021年6月19日(土)-9月5日(日)
休館日:月曜日(8月9日は開館)、8月10日(火)
猪熊弦一郎(1902-93)は、1955年からおよそ20年間、ニューヨークで活動しました。当時のニューヨークは活気にあふれ、新しい文化が次々に生み出されており、猪熊の画業にも大きな影響を与えました。本展では、猪熊のニューヨーク時代の画業を、作品と、自身で撮影した8ミリ映像や写真、大量に所蔵していたダイレクトメールなどの資料から、その時代背景も含めてご紹介します。 詳細

ニューヨークの猪熊弦一郎(写真提供 文藝春秋)

藤島武二と猪熊弦一郎展(仮称) Takeji Fujishima and Genichiro Inokuma
2021年9月18日(土)-12月5日(日)
休館日:月曜日(9月20日は開館)、9月21日(火)

藤島武二《港の朝陽》1934年 東京国立近代美術館蔵